• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ヤマト値上げが問う「民営・日本郵便」の真価

“シェア20%の誘惑”に打ち勝てるのか

2017年3月9日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 インターネット通販市場の成長を追い風に、ここまで急ピッチで拡大してきた宅配業界が岐路に立たされている。荷物の増加に配送体制が追い付かず、人件費増加などの形で業績に跳ね返るようになったためだ。

 足元で、宅配料金の値上げや配送体制の見直しなどに動いたのは最大手のヤマト運輸。その取り組みについて、ニュースなどで目にした人も多いだろう。そんな中、記者は業界3位、日本郵便の動向に注目している。

「ゆうパック」は宅配便シェアで3位に位置する(写真:ロイター/アフロ)

 2015年度の宅配便市場のシェアを見ると、首位のヤマトが46.7%、2位の佐川急便が32.3%、そして日本郵便が13.8%だ。トップ2と日本郵便との間に大きな差があることが分かる。

売上2倍、しかし赤字幅も2倍

 「ヤマトが今後、引き受ける宅配便の量を抑えれば、溢れた分が2位以下に回ってくるのでは」――。業界ではそんな観測も浮上している。ただ、佐川急便はいち早く米アマゾン・ドット・コムの宅配から手を引いているだけに、ヤマトが引き受けなかった荷物を吸収するとは考えにくい。

 となると、業界3位がどう動くかに、がぜん注目が集まる。日本郵便はコスト度外視の営業姿勢で知られてきたからだ。それを象徴的するのが、同社の「ゆうパック」などを含む荷物事業の2014年3月期の収支だ。

 売上高に相当する営業収益が前の期の2008億円から倍増して4139億円に急成長したが、無理にシェアを取りに行ったためコストがかさんだ。その結果、営業損益は前の期の146億円の赤字から倍増し、332億円の赤字を計上することとなった。シェアを上げて収益率を高めるどころか、売上高を2倍にして赤字幅も2倍にしてしまった格好だ。

 なぜ、こんな状態になったのか。明治時代から郵便をやってきたのだから宅配便も必然的に強いはず、と思うかもしれないが、実態はそうとは言い難い。

 第一に拠点が宅配事業に向いていない。郵便物を列車で輸送していた時代の名残から、日本郵便の拠点郵便局は多くがターミナル駅の近くに造られた。スペースが狭く、現在のトラックを主軸とした配送体制にはなじまない。郵便をベースにした物流網がうまく機能しなかったため、現在、急ピッチで他社のような郊外型の物流拠点を整備している。

 こんな話もある。「お客様から大きな荷物が来ると、嫌な顔をする社員は多い。民間企業として社員一人あたりの生産性を高めてきた上位2社と比べ、役所の体質を引きずる日本郵便の生産性は低すぎる」と、ある日本郵政関係者はため息をつく。

 このように、上位2社と比べて構造的な課題を抱えており、シェアの増加が利益に直結しにくいという。数年前、記者を前に日本郵政グループの首脳はこう言った。「例えば、ヤマトや佐川が『値上げする』と言い出した時に、日本郵便は『じゃあ、うちは値下げします』と言って、がむしゃらにシェアを取りに行く傾向がある。物流網も整っていないから作業に無駄が多く、その結果、売り上げが増えて利益が減るというありえない結果になった」。

コメント4件コメント/レビュー

ヤフオクやヤフーショッピングなどで商売をしてます。小さな電子部品(PCのメモリーとかSSD,など)を送るのには2015年まであったヤマトのメール便が格安(84円だったかな)で重宝してました。しかし、儲からないので撤退。今は日本郵便のクリックポスト(164円)を使用してます。
これも厚さ3㎝でA4サイズまでなので、結構な荷物が送れて伝票追跡もできるので便利です。
でも、儲からないだろうなぁと思ってます。
一般の荷物は「はこBOON」を使ってます。宅急便より安いので。(2017/03/09 11:46)

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「ヤマト値上げが問う「民営・日本郵便」の真価」の著者

杉原 淳一

杉原 淳一(すぎはら・じゅんいち)

日経ビジネス記者

2005年、日本経済新聞社に入社し、大阪経済部に配属。2009年に東京に異動し、経済部で銀行や農林水産省、財務省、金融庁などを担当。2015年4月から日経ビジネスで金融機関を中心に取材している。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ヤフオクやヤフーショッピングなどで商売をしてます。小さな電子部品(PCのメモリーとかSSD,など)を送るのには2015年まであったヤマトのメール便が格安(84円だったかな)で重宝してました。しかし、儲からないので撤退。今は日本郵便のクリックポスト(164円)を使用してます。
これも厚さ3㎝でA4サイズまでなので、結構な荷物が送れて伝票追跡もできるので便利です。
でも、儲からないだろうなぁと思ってます。
一般の荷物は「はこBOON」を使ってます。宅急便より安いので。(2017/03/09 11:46)

 Amazonの荷物を日本郵便にするなら、私はもうAmazonではあまり買わないだろう。
 日本郵便は、配達がこちらの都合に全く合わせてくれず、再配達にもあまり来ないので、受け取れないことが多いからだ。不在配達票は大量にポストにあるので、何がいつ配達され、何を受け取っていないのか、把握できない(Amazonの購入履歴を見た方がわかりやすい)。

 因みにヤマトの方は、再配達が減れば大丈夫という話も聞く。再配達は、お互いに損だ(こちらも受取が遅れる)。
 最近、子供のお昼寝時間が変わってきたため(お昼寝の間に妻は洗濯などをするので配達に気付かないことが多い)、Myカレンダーを修正しようとしたら、「このメールアドレスは既に登録云々」といってエラーになった。配達に来たヤマトの人に聞いたら、そもそも「Myカレンダーって何?」、つまり見ていないらしい。また、「明日は1日外出」みたいな事情も、簡単に入力できるなら入力したいが、今のログイン方法では駄目だ。スマホで在宅かどうか知らせるアプリはできないか?

 あとAmazonにもいいたいことがある。急ぎの(注文時点からみて明日の晩までに受け取りたい)ものを注文した際、日時指定便では「明日」が選べなかった。お急ぎ便では、時間指定ができない。仕方なくお急ぎ便で注文し、お昼寝で受け取れなかったときのために、今日のお昼に会社の近くで同じものを買うことになった(売り切れリスクがあるのでAmazonにも注文)。何だかなぁ。(2017/03/09 10:06)

ペリカン便との統合はアホな国会議員のせいで、準備したことがほとんどパーになったのが大きなダメージを残した。(焦りすぎた部分もありましたけれど)(2017/03/09 08:48)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長