• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「国の借金」は心配し過ぎてはいけない

過度の悲観論は事態の悪化を招くだけ

  • 水野 孝彦

バックナンバー

2017年3月21日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「国の借金は膨大で、財政再建を急がなければならない」――。そうした意見を聞く機会は少なくない。しかし、それは心配のし過ぎではないかと記者は考える。

 例えば、3月14日時点で日本の長期金利は0.09%。期間10年の国債の利回りが指標となっている。仮に日本政府の借金が増え過ぎて本当に困っているなら、ほぼゼロ金利の国債を買う投資家はいないはずだ。しかし、30年物の国債でも金利は0.875%。40年物国債で1.055%。少なくとも投資家は、国の借金を今の時点で心配してはいないのではないだろうか。

 以前、日経ビジネス本誌のコラム「気鋭の経済論点」に寄稿をお願いしたこともあるソシエテ・ジェネラル証券のチーフエコノミスト、会田卓司氏が2月3日に開催したメディア関係者向けのセミナーで財政再建を急ぎ過ぎることの危険性を指摘した。

内閣府の試算を疑問視

 会田氏が疑問視するのは、2017年1月25日の経済財政諮問会議に内閣府が提出した「中長期の経済財政に関する試算」についてだ。内閣府の試算では2016年度の「一般政府の財政収支」の赤字はGDP対比で5.1%。2015年度は3.3%の赤字なので大幅な悪化を予測している。その赤字幅はこの数年間、徐々に減少していた。会田氏によると「一般政府の財政収支の赤字が確定するには国民経済計算確報を待たねばならず1年くらいの時間が掛かる。しかし、四半期ごとに公表されている日銀資金循環統計から傾向は追えて、2016年度の赤字が大幅に拡大する状況とは思えない」という。「2016年の後半は円安によって税収が増加するはず」(会田氏)なのも財政収支にはプラスだ。

 にも関わらず、これまでのトレンドに反して、なぜ赤字が大幅に拡大する試算となるのか疑問というわけだ。その悲観的な2016年度の予想を起点に、将来の財政赤字を予測すると結果として、政府が掲げる「2020年度の財政健全化目標の達成」も危いという予測が導かれる。追加の歳出削減が必要という声が高まることを会田氏は懸念している。それがデフレからの完全脱却を遠のかせるためだ。

ソシエテ・ジェネラル証券のチーフエコノミスト、会田卓司氏。エコノミストとしてメリルリンチ日本証券やヘッジファンドなどでの勤務を経て現職。

コメント5件コメント/レビュー

三橋貴明さんにコメントしてもらえばいい。
曰く、「国の借金ではなく政府の借金」
「日本国債は円建て。引き受けているのは内国法人と日本人個人投資家が多い。即ち、国民の資産」
「市中に出回る国債を日銀に買わせれば、連結決算で負債消滅」と。(2017/03/21 22:09)

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

三橋貴明さんにコメントしてもらえばいい。
曰く、「国の借金ではなく政府の借金」
「日本国債は円建て。引き受けているのは内国法人と日本人個人投資家が多い。即ち、国民の資産」
「市中に出回る国債を日銀に買わせれば、連結決算で負債消滅」と。(2017/03/21 22:09)

「国の借金、とりわけ日本のそれについては心配する必要はほとんどない」と言う意見は、NBOで今まで常に悲観論ベースで書かれていた財政赤字に関する記事に付いた読者コメントにて随分と見かけています。それも単なる印象論ではなく、きちっとしたマクロ経済理論に基づいた説明でです。
にもかかわらず、頑なに財務省の財政規律論を鵜呑みにして「国の借金」について悲観論を煽りまくってきたのは何処のどなたでしょうか?
今更感は否めないですが、まあそれでも日経にもこういう意見が記事として載る様になった事は良い事です。財務省派の圧力に潰されない様、頑張ってください。(2017/03/21 14:18)

一般家計や企業の会計に当てはめると分かりやすい。毎年家計簿、決算は赤字つづき。同じ敷地に住む親兄弟や親せきから借りて支払いは済ませている。(財布のひもは引き締めない)この先も金を返せと言ってくる心配はない(同じ土地に住む身内だから破産したら共倒れ)が、借金がこの先も膨らむことは目に見えているので将来身内の金では回らなくなる。その時には金貸しから借りる事になるのだが、家屋敷をこぎれいに整え、暮らしぶりも、人柄も良くふるまっておれば、金貸しからも気前よく借りられるだろう。破綻するヤツは行いが悪いせいだ、日本はそうならない!エヘン。と言う事ですね。自惚れ以外の何物でもなく、借金は返すもの、入る以上に使わぬもの。そうした規律が守られる土壌があれば、投資先としても、援助先としても認められると言う事ではないですか。日本は借りた金は返さなくても成り立つ国だと自称してるぞ!そんな国に金が貸せるだろうか。(2017/03/21 13:18)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長