• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

慎重は短所? 就活マニュアルの弊害

  • 松浦 龍夫

バックナンバー

2016年3月23日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 3月に入り就活がいよいよ始まった。街中のホテルや貸会議室では毎日のように企業説明会が開催されている。就活スーツ姿の学生をよく見かけるようになった方も多いのではないだろうか。

 今年は3月から始まり6月に選考開始という近年まれにみる短期決戦。それだけに、ある大手企業の人事担当者は「時間がない中で効率的に就活するために、エントリーシートを書く際に就活生はマニュアルものに頼るのでは」と警戒している。

 マニュアル的な回答は一部の担当者はだませるかもしれないが、経験豊富な相手だと見抜かれてしまい、かえってマイナスの評価になる。この担当者を含め、複数の人事担当者に聞いた「マニュアルものだ」と感じてしまうケースを取り上げていく。

■ケース1:弱点もの
「あなたの短所は何ですか」
「私の短所は慎重すぎるところです」

 エントリーシートでは短所を聞かれることがある。人事担当者によると、かなりの割合の学生が「慎重すぎるところ」と答えるという。この回答の意味するところは、「慎重すぎる」と正対した答えをしているように見せかけて、実は「慎重=熟考して行動する」など自分をポジティブに見せるものだ。似たケースでは「一つの物事に集中しすぎてしまうことです」という記入もよく目にするという。

 「うまく書いたつもりなのかもしれないが、こちらはまたかと思う」と感想をもらす人事担当者もいる。そのまま弱点を記すと悪い評価をされてしまうことを怖がる就活生は、こうした答えを選びがちになってしまうが、逆効果になる場合もあるので覚えておきたい。この担当者は「表面を繕うのではなく、素直に弱点を記入してほしい。その姿勢に誠実さを感じるし、弱点を認めたうえで自分がどう行動しているかも合わせて書いてくれれば人柄が伝わる」とアドバイスする。

コメント7件コメント/レビュー

>「くだらない画一的な質問」と下のコメントにあるが、本当にこれ!◆面接する方の立場に立つとわかるが、今時は、「面接で聞いてはいけない」べからず集があって、ろくな質問も出来ない。長所はいいが短所を聞くのもNGだったり。◆ありきたりの質問に、マニュアル回答。お互いの時間の無駄だと思うが、役職者による面接なしで採用することも現実的ではないだろう。◆就活生にアドバイスするとすれば、マニュアルによくあるような回答はあまりお勧めできない。面接する側としては、「仮面をかぶったまま」と感じられると、「その者の人柄に関する情報が全く得られなかった」
ということになる上、「マニュアルどおりにしか振舞えない人(バイトの採用じゃないんだよ!)」と見ざるを得ないから。キャッチセールスの会社とかならいざ知らず、中身のないことを雄弁に語られるより、朴訥でも何となく誠実さが感じられる方が得点高いと思いますよ。面接なんて所詮その程度のものですからね。ものすごく上手に「素を見せている」が如く誤魔化し通すか、本当の素を見せて信頼を勝ち取るか、のいずれかを選ぶが吉かと。(2016/03/24 01:18)

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

>「くだらない画一的な質問」と下のコメントにあるが、本当にこれ!◆面接する方の立場に立つとわかるが、今時は、「面接で聞いてはいけない」べからず集があって、ろくな質問も出来ない。長所はいいが短所を聞くのもNGだったり。◆ありきたりの質問に、マニュアル回答。お互いの時間の無駄だと思うが、役職者による面接なしで採用することも現実的ではないだろう。◆就活生にアドバイスするとすれば、マニュアルによくあるような回答はあまりお勧めできない。面接する側としては、「仮面をかぶったまま」と感じられると、「その者の人柄に関する情報が全く得られなかった」
ということになる上、「マニュアルどおりにしか振舞えない人(バイトの採用じゃないんだよ!)」と見ざるを得ないから。キャッチセールスの会社とかならいざ知らず、中身のないことを雄弁に語られるより、朴訥でも何となく誠実さが感じられる方が得点高いと思いますよ。面接なんて所詮その程度のものですからね。ものすごく上手に「素を見せている」が如く誤魔化し通すか、本当の素を見せて信頼を勝ち取るか、のいずれかを選ぶが吉かと。(2016/03/24 01:18)

エントリーシートを書かせることがマニュアルに沿った対応だと採用担当者は気がつかないのでしょうかね。自分たちがマニュアル頼っていたら、似たような人達が応募してくるのは当たり前でしょう。最後に上げてある例も自分を深く分析してその結果をまとめるというマニュアルどおりの対応と見ることもできます。エントリーシートに書く以上、マニュアル的な回答以外出てこないと考えるべきでしょうね。
▽内容を読む限り具体的に何をやったかを分るように書いてほしいようですね。数字をあげて書くことは具体的にするための一つの手法ですが、数字だけでは具体的にならないので、悪い評価になるのでしょう。しかし、数字をあげて具体的な内容になっているものもあるはずです。結局は何を求められているかに上手く対応できた内容が評価されていると感じます。そして何を求めているかはマニュアルに書いてある通りだったと感じます。(2016/03/23 21:18)

技術系採用の片棒を担いでいました。この記事が就活学生にとって単純なマニュアルにならないことを祈ります。
就活生のみなさまへ(if読んでいたなら)~
就活は無駄じゃありません。自分を見つめなおす機会ですよ。
「できない」「知らない」は必ずしも悪ではありません。「できるようになる」「知る」ための努力をする、そのための術を心得ていて実行できることが重要です。
心配する必要はありません。半導体設計の現場で静電界を理解している技術者は30%以下ですから。。。(日経の調査より)
正直が一番大切。無駄な抵抗はやめましょう。“経験豊富な人事担当”じゃなくともマニュアル回答はすぐにわかります。(2016/03/23 16:15)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長