• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

超高齢カリスマ経営者に企業を託せるか?

“寿命への挑戦”よりも大事な、後継者の育成

2016年4月13日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「カリスマ経営者は、一体いくつになったら現役から退くべきなのだろうか」

 先週、取材中にぼんやりとそんなことを考えていた。4月7日に開かれた、セブン&アイ・ホールディングス鈴木敏文会長兼CEO(最高経営責任者)の退任会見でのことだ。

 83歳の現役カリスマ経営者である鈴木会長は、セブン&アイの村田紀敏社長(72歳)と古参の顧問2人(81歳と77歳)を引き連れて会見場に姿を現した。そしておもむろにマイクを握り、傘下にあるセブン-イレブン・ジャパンの井阪隆一社長への批判を始めた。

写真は左から、鈴木会長と村田社長、その先に顧問が2人続いた。4人の平均年齢は約78歳と高い(撮影:的野 弘路)

 「(井阪社長は)全部自分でやってきたように話すけれど、実は私がすべての経営方針を固めていた」「けんか腰で私に食ってかかってきた」と鈴木会長が語れば、同席した顧問は、井阪社長に退任を促すため、父親の家に訪れたエピソードを披露。人事案をスムーズに通すために創業オーナーである伊藤雅俊名誉会長に根回しに行ったけれど「判子をもらえなかった」と明かすなど、生々しい話が延々と続いた。

 日本を代表する流通コングロマリット企業の内情とは思えない稚拙なガバナンス体制と、平均年齢78歳の4人の立派な経営者が語ったとは思えない話の内容に、居合わせた記者の多くが、私と同じように衝撃を覚えたのではないだろうか。

 現場の様子は是非とも「セブン会長、引退会見で見せたお家騒動の恥部」をお読みいただきたい。

「自分で考えたことをこの先何年もは実行できない」

 この最中、冒頭に記したように私がぼんやりと考えたのは、鈴木会長の次のような言葉がきっかけだった。「私自身、今までのように、自分で考えたことをこの先何年も実行できるわけではありません。後継を育てることが必要だと常々感じていました」

 鈴木会長自身が井阪社長を選任したけれど、期待通りでなかったために別の後継者を育てなくてはならない。そのためにもまず井阪社長にセブン-イレブン・ジャパン社長を退任してもらう必要がある。そんな主旨で語られた言葉だった。

 このコメントを聞いて、私には次のような疑問が浮かんできた。「仮に鈴木会長が今の年齢から新たな後継者を育て始めるとして、一体、いくつになるまで経営トップをやり続けるつもりだったのだろう」。こう感じた瞬間、そういえば今年に入ってまだ3カ月半しか経っていないのに、同じような疑問を別の会見でも抱いた、ということを思い出した。

 今年2月、ロッテホールディングス(HD)筆頭株主である光潤社の重光宏之代表が開いた会見だった。ロッテHDも2015年1月から、創業者である父の重光武雄氏と、長男宏之氏、次男昭夫氏の間で、骨肉の争いが続いていた。

 日本と韓国で事業を展開するロッテグループ。これまでは長男の宏之氏が日本ロッテを、次男の昭夫氏が韓国ロッテを経営し、これらを創業者である父の武雄氏が束ねてきた。

 だが2015年1月、武雄氏は突如、長男の宏之氏を解職。その後、ごたごたが続き、結局は武雄氏も経営の座から去り、次男の昭夫氏が日韓ロッテグループを束ねていく方向で一段落した(一連の様子は、本誌2月8日号から5号連続で連載を掲載。詳細は「シリーズ検証 ロッテ騒動、グローバル化の試練」をご覧ください)。

コメント22件コメント/レビュー

 「平均回帰の法則」というものがあって、特別に優秀で才能ある人の子供は、非常にに高い確率で親より能力が劣るのだという。
 この問題の解決策を商家の名門はとうの昔に持っていた。明治以前から続いているような名家では、名ばかりの当主が君臨しつつ優秀な番頭が経営を見る、当然番頭は実力主義で登用し、世襲はなし、というシステムを長いこと運用してきた。

抜きんでた能力の番頭さんは当然のことながら敬意も受けるし、当主も彼を大切に扱った。一方、番頭さんも分を弁え、決して当主に取って代わろうなどと思うことなく、実子を後釜になどという野心も自ら封じていた。

まぎれもなく奇代の銘経営者だった鈴木氏。どう考えても役回りは番頭さんだったはず。それを忘れて当主然として振る舞い、なかんづくご子息を厚遇しはじめた時点が「終わりの始まり」だったのだ。日経ビジネス最新号のタイトルに「鈴木帝国終わりの始まり」とあるけれども、もう終わりの終わりに来ていると考える方が当を得ていよう。(2016/04/17 19:33)

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「超高齢カリスマ経営者に企業を託せるか?」の著者

日野 なおみ

日野 なおみ(ひの・なおみ)

日経ビジネスクロスメディア編集長

月刊誌「日経トレンディ」を経て、2011年から「日経ビジネス」記者。航空・運輸業界や小売業界などを担当。2017年4月から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

 「平均回帰の法則」というものがあって、特別に優秀で才能ある人の子供は、非常にに高い確率で親より能力が劣るのだという。
 この問題の解決策を商家の名門はとうの昔に持っていた。明治以前から続いているような名家では、名ばかりの当主が君臨しつつ優秀な番頭が経営を見る、当然番頭は実力主義で登用し、世襲はなし、というシステムを長いこと運用してきた。

抜きんでた能力の番頭さんは当然のことながら敬意も受けるし、当主も彼を大切に扱った。一方、番頭さんも分を弁え、決して当主に取って代わろうなどと思うことなく、実子を後釜になどという野心も自ら封じていた。

まぎれもなく奇代の銘経営者だった鈴木氏。どう考えても役回りは番頭さんだったはず。それを忘れて当主然として振る舞い、なかんづくご子息を厚遇しはじめた時点が「終わりの始まり」だったのだ。日経ビジネス最新号のタイトルに「鈴木帝国終わりの始まり」とあるけれども、もう終わりの終わりに来ていると考える方が当を得ていよう。(2016/04/17 19:33)

若手に譲れという意見もあるようだが、私の意見では、老人は変化と現状に弱く、若者は色々足りない。だから対等で妥協しない協力で当たらないと今時の厳しい現状は対処できないだろう。双方がソレを認識して行動できればですが。政治家などの2世なども大概劣化もいい所。しかし老害も目立つほど有る。また、自分の思うようにとかライバルは邪魔だから排除とかで動く人間が上に立つと駄目でしょう。そういう意味で。対立勢力が足を引張る批判ばかりの今の政治を見ても判るでしょう。カリスマ云々言うならば、全く違う分野での知名度の高さだけを利用したアイドル系政治家が当選するのはどうなんでしょうね?(2016/04/16 13:07)

本田宗一郎に学べ、とは思うが
その行動の価値を理解している
老害経営者は何人居るだろうか?
おそらく、片手の指の数位しか
居ないだろう。

勤めている方には申し訳ないが
お家騒動は見ていて楽しいので
どんどんやって貰いたい物だ(2016/04/14 23:02)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長