• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

途切れた物流網、復旧に向け苦闘

熊本地震 本誌記者が現地を歩く

  • 武田 健太郎

バックナンバー

2016年4月21日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 熊本、大分両県で4月14日から続発している地震の影響で運航・運転を見合わせていた交通機関は、復旧の動きを見せ、19日には熊本空港で一部の運航が再開した。熊本県を中心とする被災地と他の主要都市を結ぶ大きな導線が部分的に回復した形だ。
 しかし、実際に現地に降り立つと、交通・物流網や下水道などが深く傷ついたままの状態となっている。企業や個人商店などは、復旧に向けどのように苦闘しているのか。19、20日に現地を歩いた。

熊本空港へはタラップで降り立つ

 19日午前、東京・羽田空港。熊本行きの搭乗ロビーでは「お手洗いは、こちらロビーか機内でお済ませ下さい」とアナウンスが繰り返される。周りを見渡すと水と弁当を入れた大きな紙袋を持つ人の姿が目立つ。みな一様に少し緊張した面持ち。機内に乗り込むと、搭乗率は2~3割程度でスーツを着た会社員の姿は数えるほど。故郷へ手伝いに帰る人が多い様子だ。

空港スタッフが総出で荷物を運び出す

 2時間のフライトの後、熊本空港に到着すると、ボーディング・ブリッジではなく、タラップで滑走路に直接降りることになる。「空港ターミナルは使用できない部分が多い」との説明を聞かされる。ターミナル施設には入らず、滑走路から直接歩いてゲージを抜け、空港の外へ出ることになる。

 預けた荷物は、出口付近でコンテナから直接手渡される。女性グランドスタッフなどが一緒に荷物を運び出している。荷物をベルトコンベアーで運ぶ一連の導線が確保できないなか、チームワークで素早く対応していた。

空港が十分に機能していないため、ターミナルの外で荷物を受け取る

 熊本城にほど近い、西日本最大級のアーケード商店街にまず向かう。ファーストフード店から居酒屋までほとんどの飲食店が閉まっている。水道水が中心地にまでまだ届いていない。

コメント5件コメント/レビュー

取材ご苦労様。「空気感が違う」といい,「歯がゆい」という感想には興味を惹く。だが,記者が公共性を持つメディアを通じて伝えたいことはそれだけですか。他の方のコメントにもあったが,状況は刻々と変化し,物流網の「今」が変わっている。「電子版」の速報性はあっても,テレビやSNSなどの「LIVE映像」にはかなわない。さらに,「テレビ映像」だけなら消えていくが,文章はのこる。残ることで「現況との齟齬」が生まれる。「必要なものの情報はこまめに更新してください。」というアテンションがたびたび上がる。改めて問いたい。記者はこの記事で「今後の」読者に何を伝え,何を問おうとしているのですか。(2016/04/23 12:56)

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

取材ご苦労様。「空気感が違う」といい,「歯がゆい」という感想には興味を惹く。だが,記者が公共性を持つメディアを通じて伝えたいことはそれだけですか。他の方のコメントにもあったが,状況は刻々と変化し,物流網の「今」が変わっている。「電子版」の速報性はあっても,テレビやSNSなどの「LIVE映像」にはかなわない。さらに,「テレビ映像」だけなら消えていくが,文章はのこる。残ることで「現況との齟齬」が生まれる。「必要なものの情報はこまめに更新してください。」というアテンションがたびたび上がる。改めて問いたい。記者はこの記事で「今後の」読者に何を伝え,何を問おうとしているのですか。(2016/04/23 12:56)

鈴木さんのことをカリスマ的経営者と言い、新布陣について期待するのどうのこうのと喧しい。血族、血縁・血縁・一族経営や一流企業・日本の産業の大黒柱と覚しき大企業の懲りない破廉恥事件も耳にする折しも―広範囲な震源地の散在に改名が取り沙汰されているが―平成28年熊本地震だ。記事は地震に大きく関係ある物流網をテーマにされているし、復旧に向けての諸々の苦悩が語られているので甚だ恐縮だが、斯様な状況下、その前にわたしが、私たちが心底、心して生きねばならないことを、やや疎かにして生きているのではないかとの思いに至る。現象論で言えば、先の大戦後○○年の平和ボケどころではない、四百余年前の慶長大地震の教訓を何処にも生かさずに技術の進歩と経済のみに寄りかかって過ごしてきた事、下世話なようで決して下級な話ではない政所の司にして、いいタイミングで起こった地震だなどと不謹慎どころではない発言を弄する為政者による世の中は、矢張り残念ながら“乱れている”と言うしかないのか。もう一度自然の脅威の前に心し、気をひきしめたいと考えるが如何。(2016/04/21 17:42)

熊本市西区に在住です。築43年の我が家は、外壁と内壁にダメージが大きく、寝る時は車上生活を余儀なくされています。4月21日現在、熊本市内の上水道は概ね出る様になりました(送水管的な話で、地域や建物の状況で変わります)。避難所や地域差がありますが、水は徐々に大丈夫になると考えられますので、もし救援物資を運ぶ、送ろうと思ってる方がいらっしゃるなら、相手先に確認の上で本当に必要な物が何かを訊いてから、運んだ方が良いと思います。(2016/04/21 12:25)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長