• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

アマゾンの有料特典は「過剰」なのか

EC市場の「飽和」を見据え、大手の総力戦が激化

2017年5月11日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日経ビジネスの5月1日号「アマゾン生鮮宅配のアキレス腱」では、アマゾンジャパンが4月下旬に開始した新サービス「アマゾンフレッシュ」の可能性と課題について取り上げた。ネットスーパーで先行するセブン&アイ・ホールディングスなどとの競争激化も予想され、今後アマゾンが生鮮を含む食品宅配の市場でどのような影響力を持ちうるのかは業界の注目の的だ。

 一方、こうした観点とは別に記者が強く感じたのは、アマゾンが足元で矢継ぎ早に始めた他のサービスも含め、ロイヤルカスタマー(上客)の囲い込みに一層力を入れるようになっている現状だ。具体的には、年間3900円を支払い各種特典を利用できる有料会員「アマゾンプライム」の拡大と利用促進である。

 「地球上で最もお客様を大切にする企業になる。このミッションを実現するために大変重要なのです」。4月20日に報道陣向けに開かれたアマゾンフレッシュの発表会。同社プライム統括事業本部長の紣川(かせがわ)謙氏は冒頭に、アマゾンプライムの意義についてこう強調した。

「アマゾンフレッシュ」は月額料金などは別途かかるが、日用品なども含め10万点以上の商品をそろえる。

 アマゾンプライムは日本では2007年に開始。「お急ぎ便」と呼ぶ、購入からいち早く商品を届ける配送サービスを皮切りに、当日配送や日時指定なども順次追加した。その後、2013年からはデジタル関連のサービスも導入。電子書籍「キンドル」で好きなタイトルを毎月1冊無料で読める「キンドルオーナーライブラリー」や、100万曲以上の曲が聴き放題という「プライムミュージック」などがそれだ。

 さらに、2015年からは食品・日用品をスーパーのように1個ずつから購入できる「アマゾンパントリー」、発注から最短1時間で商品を届ける「プライムナウ」を開始。サービスにより配送料が個別にかかったり提供エリアが限られていたりはするものの、業界では大きな衝撃を持って受け止められた。

やりすぎと思うくらい充実した特典

 かくいう記者自身も、実は2007年10月からプライム会員を続けている。長らく会員特典については当日配送など配送に関する追加サービスという意識が強く、正直なところそれ以上の付加価値を見出しているわけではなかった。頻繁にネット通販を利用するため、年間3900円であれば「まあ払ってもいいか」というぐらいの感覚だった。

 だが、ちょうどデジタル関連の特典が大きく増えた2015年頃から、アマゾンプライムに対する印象は変わり始めた。特に2015年に始めた、映画やテレビ番組をパソコンやスマートフォンで見放題という「プライム・ビデオ」は日常的に利用している。折からの動画配信サービスの隆盛やアマゾンが積極的にテレビCMを投入していることもあり、読者の中にはご存知の人も多いだろう。

 そして、今回のアマゾンフレッシュもやはりプライム会員向けの新サービス。これにより配送、デジタル、物販などプライム関連の特典はざっと挙げただけで10以上にのぼる。「わざわざ3900円も払って利用しなくても」という人もいるだろうが、個人的には「やりすぎでは」と思うくらい充実しているように感じてしまう。

コメント4件コメント/レビュー

私は間違ってプライム会員になってしまったため、
無理でついてきた音楽配信や動画配信のサービスをかなりの時間使ってしまった。

結局、私にとって無価値サービスであり、
全くの時間とお金の無駄でしかなかったが、

確かに既存顧客の需要掘り起こしに一役買うことは間違いない。
コンテンツに魅力を感じた人はお金を落としてくれるでしょうから。

なるべく抱き合わせ商法で市場を支配していくというやりかたは、
やめてほしいですが。(2017/06/10 17:29)

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「アマゾンの有料特典は「過剰」なのか」の著者

河野 祥平

河野 祥平(こうの・しょうへい)

日経ビジネス編集記者

2006年日本経済新聞社入社。社会部、消費産業部などで警視庁、ネット業界などを担当。直近では企業報道部でビール・清涼飲料業界を取材。2015年4月から日経ビジネス。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

私は間違ってプライム会員になってしまったため、
無理でついてきた音楽配信や動画配信のサービスをかなりの時間使ってしまった。

結局、私にとって無価値サービスであり、
全くの時間とお金の無駄でしかなかったが、

確かに既存顧客の需要掘り起こしに一役買うことは間違いない。
コンテンツに魅力を感じた人はお金を落としてくれるでしょうから。

なるべく抱き合わせ商法で市場を支配していくというやりかたは、
やめてほしいですが。(2017/06/10 17:29)

アマゾン流マーケット支配のための、いきなり体力勝負戦法でしょう。楽天が同じ土俵に乗るとヤバいでしょうね。(2017/05/11 12:47)

私はアマゾン、楽天市場、価格.COMなどのネット通販は長い事利用してきたが、家電製品の多くは価格.COMで買うが、それ以外では8割近くがアマゾン、残りが楽天市場で占めている。昨年秋に「近頃のTV番組は面白いものがなくなった」と強く感じ、WOWOWなどの有料放送を検討する中でアマゾンのプライムビデオなら年間3900円で「見放題」という宣伝文句に釣られてプライム会員になった。PCで2ヶ月近くビデオを見続けたが、13インチの画面で迫力に欠ける。そこで Amazon Fire TVを購入して、家のテレビでプライムビデオを見られる様にしました。おまけでYouTubeのビデオも見られるし画面も大きいのでリラクス出来る。Fire TVと年会費合わせても1万数千円でWOWOWを半年試した程度の値段で番組表にも限定されずに「見たい時に見たいだけ」見る事が出来る。これは正直「お得感」十分。TVに手抜きの番組作りが目立つこの頃、NHK prime Videoも含めて、有料放送に走るのは致し方ない事だと思う。その様な社会的な状況などをアナリシスした結果として日本でプライムビデオを売り込んでいるのだとしたら、「大したものだ!」と思わずにはいられない。消費者の「痒い所に手が届く」サービスこそ「最上のサービス」だと思う。過剰かどうかは何ともコメント出来ないが、「次はこれだ」と思えば、当初は採算度外視でも市場を開拓し、広げてしまう商魂には日本企業はなかなか太刀打ち出来ないだろうと思わざるを得ない。(2017/05/11 09:33)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長