• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

読者の皆様からのフィードバック

記者の眼 アイリスオーヤマ、家電で「なるほど」の源泉

とても参考になった
 

43%

まあ参考になった
 

33%

参考にならなかった
 

23%

ぜひ読むべき
 

41%

読んだほうがよい
 

28%

どちらでもよい
 

30%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。その他,コメントに関する諸注意はこちらをご覧ください。

アイリスオーヤマはちょっといい商品をたくさん出していて、どうでもいい買い物をするときは手にすることが多いのは確かだが、入れ替わりが激しく定番商品もいつなくなるかわからないのが不安。家電は大手の衰退の原因であるアイディアと人材の切り捨てを逆手に取ってスピード感ある開発している事に好感を持っている。ただそれもワンマン社長の独断即決体制あってこそ可能な訳で、もしこの先カリスマリーダーを失い衆愚体制に陥ったら家電大手の轍を踏まないとも言い切れない。シャープもソニーも初めは尖った元気な会社だったんだよね。(2017/05/25)

現時点でのアイリスオーヤマの泣き所は「独自性の無さ」ではないでしょうか。新製品といってもどこかでみかけたことのある製品のブラッシュアップ版。
「めのつけどころ」を売りにしていた某メーカーのOBも働いておられるようなので、アイリスが新規開発した独自性の高い製品がでてくると面白い。
ただ、そうしないところがアイリスオーヤマの好業績をささえているとも思えるので、無理する必要はないのでしょうけど・・。(2017/05/25)

大型家電は耐久性が重要な要素なので、価格も大事であるが、いつまで使えるかという信頼性が、現段階ではまだ不十分だと思える。しかし、照明の分野では、既にトップシェアなのではないかと思えるぐらい、実績を積み上げているのではないだろうか。今の体制を続けていけば、松下を追い抜くぐらいの会社に成長するような予感はある。国内家電メーカーが、どんどん下火になっていく中、アイリスオーヤマには頑張って欲しいものである。(2017/05/25)

記事のポイントは、プロダクト・アウトではなくマーケット・インでなければならないということでしょうね。メーカーは企業の発展に連れて生産ラインを拡張、図体がデカくなることによって生産ラインの維持が自己目的化し、自己の都合優先で市場の変化に対応できなくなるという宿痾を背負っています。その罠に陥ったのが日本の電機産業であり、メーカーの経営に携わる私自身にとっての戒めです。
でも、企業は衰退してもそこで働く人は終わりではない。オーヤマのような企業が有為な人材を吸収して新たな事業創造のサイクルにつながっていけば、日本もまだ捨てたものではないという気がします。(2017/05/25)

アイリスオーヤマの修理サポート体制はどうなっているのだろうとHPを閲覧すると、掃除機やIHクッキングヒーターなど主要電化製品に修理料金目安表を掲載しているようです。ルームエアコンについても掃除料金や修理料金の目安を掲示した方が、買う側も安心して選んで貰えるのではないでしょうか。
家電の場合、型落ち製品は大幅に値引いて売り切ることも多々あるので、希望小売価格を単純比較することはあまり意味がない。壊れたら処分する使い捨て製品と異なり、修理して使うことが前提の商品は、アフターフォロー体制の整備も重要。それをどこまでアピールできるかですね。(2017/05/25)

記事では分かりやすいIoT機能に着目されていますが、
廉価機の価格でありながら、期間消費電力量や室外機の質量等
基本スペックが他社の中位機並になっているのも注目点かと思います。
さすがにエアコンの初物は買うのに躊躇しますが、
数年経って故障頻度、騒音の有無等の評価が固まれば
消費者の有力な購入候補になるのではと思います。
逆に安かろう悪かろうでは中韓メーカーと変わらないので、
別途設置に工事費のかかるエアコン市場では見捨てられてしまうでしょうが…(2017/05/25)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官