• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

就活生悩ます人事の「オワハラ」

  • 松浦 龍夫

バックナンバー

2015年6月19日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

大企業でも徐々に内定が出始めている(写真と本文は関係ありません)

 「内定を出すので、他社の選考はもう受けないでください」

 これは都内の私立大に通うAさんが先日、選考を受けた大手の情報関連企業の役員から告げられた言葉だ。内定を出すが、他社を受ける、単位不足で卒業できなくなる、刑事事件を起こすといったときは内定を取り消すとまで言われた。Aさんは「志望度の高い企業なので内定はうれしかったが、その言葉の強さにドキリとしました」と話す。

 今期の就活は学生争奪戦の様相を呈しているだけに、こうした企業から学生へのプレッシャー、いわゆる「オワハラ(就活終われハラスメント)」は強まる傾向にある。

 まだまだ選考途中の志望企業は多いし、8月には超大手企業の選考も控えるAさん。当然就活を続けるつもりだっただけに、「今後他社を受けたのがばれて内定を取り消されたらどうしよう」と心理的に大きなプレッシャーがかかったようだ。ただ、この脅しとも取れる行為に問題はないのか。

 雇用問題に詳しいロア・ユナイテッド法律事務所の弁護士、竹花元さんよると、「他社を受けたからといって内定を取り消すことはできません。その就活生の職業選択の自由を奪うことになるためです」という見解だ。

 Aさんは「ばれないように他社を受けるつもりですが、7月に懇親会や研修などでたびたび呼び出される予定で、そこで探りを入れられるのかもしれません」と不安を隠さない。

研修という名の拘束

 都内私立大に通うBさんもすでにオワハラに悩まされている一人だ。6月に大手企業から内定をもらったが、その際に人事担当者からこう言われた。

「これは実質的な内定ですが、最終的には8月の最終面接で決定します。その前に8月初旬に行う数日間の研修に参加するのも必須です」

 この言葉を聞いたときにBさんは「アッ」と思ったという。8月には商社やメガバンクなど就活では人気、かつ超大手企業の選考が目白押しになっている。身柄を拘束して他社の選考を受けさせないようにしようという魂胆が透けて見えたからだった。

コメント6

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップの身の丈が組織の限界を作る。

多田 荘一郎 GEヘルスケア・ジャパン社長兼CEO