• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

コニャックを炭酸で割る日

仏レミーマルタンが目指す「脱おじさんの飲み物」

2017年7月5日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ブランデーやコニャックと聞いて、読者の皆さんはどんなイメージを思い浮かべるだろうか。紳士がグラスを回しながら、琥珀色の液体をストレートで味わう。そんなシーンを思い浮かべる人が多いかもしれない、しかし、そんなイメージを変えようと、仏レミーマルタンが日本市場に力を入れ始めた。

 インタビューに現れたレミーマルタンのエリック・ヴァラCEOは「まずは一口飲んでみてください。フレッシュで素敵な色でしょ」と、記者に氷とレモンが入った少し薄い琥珀色の液体を薦めた。

ワイングラスを傾けるエリック・ヴァラCEO(写真:陶山 勉、以下同)

 コニャックを飲むのは初めてなので、度数が強くてむせてしまったらどうしようかと恐る恐るグラスを傾けた。すると、口の中で爽やかにはじける炭酸とともに、ハーブやレモンの香りが鼻を抜けた。心配していた飲みにくさは全くない。

 提供されたのはグラントニックというカクテルで、中にはレミーマルタンのコニャックのほかに、トニックウォーターとワインをベースにしたベルモットというお酒、レモンが入っている。カクテル文化が強い米国や欧州では、コニャックがカクテルのベースとして好まれているという。

コメント8

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「コニャックを炭酸で割る日」の著者

長江 優子

長江 優子(ながえ・ゆうこ)

日経ビジネス記者

2012年中日新聞に入社し、事件取材などを担当。14年秋に日本経済新聞社に入社し、機械業界などを担当。17年4月から日経ビジネス編集部に出向。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リストラなどつらい経験もありましたが、多くの山に登ったことで、別の景色が見えやすくなりました。

吉田 秀俊 VAIO社長