• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

下鴨神社にマンションが建つワケ

世界遺産でも厳しい、神社が置かれる苦境

2015年7月2日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 世界遺産の下鴨神社(京都市)が、境内にマンションを建設する――。

 そんな衝撃的なニュースが飛び込んできたのは、2015年3月のことだった。約9650平方メートルの敷地を神社が開発事業者に貸し、そこに3階建て104戸のマンションを建設する。5月の末にはJR西日本の子会社であるJR西日本不動産開発が開発業者に決まり、2017年の完成を目指してプロジェクトが本格的に動き始めた。

 下鴨神社と言えば、筆者が大好きな神社の1つ。京都に旅行するたびに参拝し、2年前にはお祓いまでしてもらった思い出の地だ。

 何度も訪れたくなる下鴨神社の魅力の1つは、なんと言っても「糺の森」と呼ばれる、境内に広がる原生林。鳥居をくぐり、神社の本宮まで続く糺の森を歩けば、神聖な気分に浸ることができる。

下鴨神社の入り口。糺の森が続く

 そんなお気に入りの神社にマンションが建つなんて。下鴨神社のニュースを聞いて真っ先に筆者が思い浮かべたのは、神楽坂(新宿区)にある赤城神社だった。以前、神楽坂に住んでいたこともあり、街中にあってもひっそりとした雰囲気が好きで、赤城神社を頻繁に訪れていた。しかし、2010年に境内に大型のマンションが建ったことで、すっかり様子が変わってしまった。

 下鴨神社も同じ様に変わってしまうのか。あんなに有名な神社がなぜ境内にマンションなんて建てるのか。居ても立ってもいられず、京都に向かった。

マンション建設地は森の中じゃない

 京都駅で乗ったタクシーで、「下鴨神社まで」と行先を伝えたところ、運転手が早速話しかけてきた。

 「知ってますか?下鴨神社にマンションが建つんですよ。あんなに由緒ある神社なのに、信じられないよねえ」

 ただの参拝者に見えるはずなのに、すぐにマンション建設の話を振られる。地元の人の関心はよっぽど高いらしい。

 やはり、景観が大きく変わってしまうのか――。不安を抱えたまま神社に到着するとすぐに、社司の友田重臣氏に疑問をぶつけてみた。

コメント8

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「下鴨神社にマンションが建つワケ」の著者

中 尚子

中 尚子(なか・しょうこ)

日経ビジネス記者

日本経済新聞入社後、証券部で食品やガラス、タイヤ、日用品などを担当。財務や法務、株式市場について取材してきた。2013年4月から日経ビジネス記者に。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「絶対これしかありません」というプランが出てきたら、通しません。

鈴木 純 帝人社長