• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ギリシャ危機、真の病巣は「バラマキ年金」にあり

ウソにごまかし…夢見るギリシャ政治家はいつ目覚めるのか

2015年7月3日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

古代ギリシャのパルテノン神殿。宴はとっくに終わっている

 巨額の財政赤字に苦しむギリシャに対して、EU(欧州連合)やIMF(国際通貨基金)、ECB(欧州中央銀行)は6月30日で金融支援を延長しなかった。ギリシャはIMFへの返済を延滞させ、先進国では初のデフォルトに近い衝撃を世界に広げた。その原因は実は、ギリシャの手厚い年金にあった。高齢者に飴を配り、国民の意を迎えようとする政治の連続が、国を破綻の縁に追い込んだ。

 ギリシャ神話は、世界誕生の物語である「創世神話」、ゼウスを主神としたオリンポスの神々が活躍する「神々の物語」、そして英雄や半神など人間が主役の「英雄の物語」からなる。

 このうちの「神々の物語」は、神々の出生から恋愛、冒険談、悲話にまで及び、神々は嫉妬に諍い、意地悪も平気でする。そして「英雄の物語」では、神々が英雄たちをある時は手助けしながら、またある時には苦難を与え、気紛れに翻弄する。

 神は人のようであり、人でありながら超越的な力を持つ英雄は神のようでもある。この壮大な叙事詩は、現(うつつ)と夢はどこかで溶け合っているのではないか、という錯覚をも抱かせる。

 今、世界を揺るがすギリシャ危機には、「現実」を司るはずのギリシャの政治家達が夢の迷宮に迷い込みすぎたのでは、と思わせるものがある。例えば年金である。

現役世代の所得の8割を得られる年金

 巨額債務を抱え、欧州通貨危機の震源地となってきたギリシャが6月30日、IMFからの借り入れの返済を延滞。同時にIMF、EU、ECBから金融支援の延長を打ち切られた。先進国では初と言われるデフォルト(債務不履行)にも相当しそうなギリシャ問題は世界経済に衝撃を与えたが、同国の巨額財政赤字の原因は、実は大きすぎる年金にあった。

 順を追って説明してみよう。ギリシャ問題の発端は2009年秋、ギリシャの名目GDP(国内総生産)比の財政赤字が、それまで公表していた3.7%ではなく、12.5%(その後13.6%に修正)であると発覚した事にある。ユーロに加盟するには、財政赤字を3%以内、公的債務残高を同じくGDP比で60%以内に抑える必要があるが、それをごまかしていたのである。

 一国の政府が最重要な財政の数字を偽装すること自体、「それは現実か」と思わせるものだが、「現実離れ」は、それだけではない。

コメント15件コメント/レビュー

5年の緊縮財政でギリシャ経済は縮小して返済能力は逆に劣化、EUの支援も多くが債権者側に流れてギリシャの元には残らなかった。そもそもの借金がギリシャ政治家とEU資本の癒着によるという話も聞く。この記事はそれらの点は全て無視して「増えすぎた公務員と年金制度が悪い」と一方的に主張しているので、「ギリシャの愚かな政治家とわがままな市民」という雑な結論に読者を誘導したがっているように読める。(2015/07/07 03:07)

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「ギリシャ危機、真の病巣は「バラマキ年金」にあり」の著者

田村 賢司

田村 賢司(たむら・けんじ)

日経ビジネス主任編集委員

日経レストラン、日経ビジネス、日経ベンチャー、日経ネットトレーディングなどの編集部を経て2002年から日経ビジネス編集委員。税・財政、年金、企業財務、企業会計、マクロ経済などが専門分野。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

5年の緊縮財政でギリシャ経済は縮小して返済能力は逆に劣化、EUの支援も多くが債権者側に流れてギリシャの元には残らなかった。そもそもの借金がギリシャ政治家とEU資本の癒着によるという話も聞く。この記事はそれらの点は全て無視して「増えすぎた公務員と年金制度が悪い」と一方的に主張しているので、「ギリシャの愚かな政治家とわがままな市民」という雑な結論に読者を誘導したがっているように読める。(2015/07/07 03:07)

確かに「バラマキ年金」も財政悪化の一因ではあるだろう。 しかし、このような意見は、日本の福祉切り捨て論と裏腹であることを忘れてはならない。

昨(7/5)のNHK日曜討論でも語られていたが、現在ギリシャの銀行資本はドイツ系と言われ、独仏中心の金融支援も、結局それら銀行を経由してドイツに還流しており、ギリシャ経済・産業の復興には役だっていないという。

賢明な読者諸氏は、2012年3月7日(水)付、本誌ロンドン特派員大竹剛氏の記事『ギリシャはドイツの食い物にされた 怒るアテネ市民、露呈した欧州拡大戦略の暗部』を参照されたい。(2015/07/06 18:21)

年金を月収比でみていますが掛け金も違う筈ですから、大雑把な目安にしか過ぎませんよね。日本の48%が諸外国と比較して低いといっても根拠はそんな程度のモノですし、老人が多過ぎる事を考えればもっと低くてもしょうがないと思います。
「高齢者に飴を配り、国民の意を迎えようとする政治の連続」日本の事?
「年金額が低い人に対してはミニマムペンション」民主党がしようとしてましたね。出来なくて良かった。(2015/07/06 12:11)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

すきま時間を活用できることに気づいた消費者は、時間価値をかつてないほど意識している。

松岡 真宏 フロンティア・マネジメント代表