• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

格安4Kテレビが映し出す東芝の存在感

「ニッチを重ねればマスになる」戦略で輝いていた「レグザ」

2017年7月21日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 夏休みを目前に控え、いよいよ本格化する夏商戦。連日の猛暑もあり家電業界ではエアコンや扇風機の販売が好調だという。かつての「家電の王様」であるテレビでは大手各社が高画質やデザイン性の高さを売りに、フルハイビジョンの4倍の解像度を持つ4K対応の有機ELテレビを売り込んでいる。そんな中、意外なところでヒット商品が生まれている。ディスカウントストアチェーン「ドン・キホーテ」の格安4Kテレビだ。

「ドン・キホーテ」中目黒本店での店頭表示の様子。店頭ポップには「東芝映像ソリューション株式会社が開発したメインボードを採用!!」と表示されていた
 

 ドンキが手掛けるのは50型の4K液晶テレビ。同社のプライベートブランド(PB)「情熱価格PLUS」で展開する。最大の売りはその安さ。50型の大画面ながら5万4800円(税抜き)と、家電大手が手掛ける4K液晶テレビと比べて4分の1の価格だ。

 価格の安さもあり、6月15日の発売から予約が殺到。わずか1週間で初回生産分の3000台は完売した。7月14日には追加販売を発表しており、8月下旬に1400台を出荷する計画という。

 追加分を含めても販売台数は5000台にも満たない。ただドンキがPBブランドで販売するテレビの台数は「46型以上で年間1万2000~1万3000台」(トレンドセレクトMD開発本部の寺尾尚之マネージャー)であり、1週間で年間販売台数の3分の1を販売した計算になる。決してインパクトは小さくないと言える。

 実際、どのようにして格安価格を実現したのか。ドンキの寺尾マネージャーは「液晶メーカーの供給体制が整い、何よりも4K液晶パネルの価格が下落したことが大きい」と話す。さらに、テレビのきょう体や台座部分などの部品をできる限り既存品と共有化したことで、6万円を切る低価格を実現したという。

 格安価格で顧客の心を掴んだドンキ。だが、価格以外にも注目を集めた理由がもう一つある。東芝映像ソリューション製のメインボード(回路基板)を採用したことだ。

コメント4

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「格安4Kテレビが映し出す東芝の存在感」の著者

佐伯 真也

佐伯 真也(さえき・しんや)

日経ビジネス記者

家電メーカーで約4年間勤務後、2007年6月に日経BP社に入社。日経エレクトロニクス、日経ビジネス編集部を経て、15年4月から日本経済新聞社証券部へ出向。17年4月に日経ビジネス編集部に復帰。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

短期保有者のいいようにさせたら、中長期で保有したいと考えている株主はどうなるのか。

貝沼 由久 ミネベアミツミ社長