• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

カタカナだらけ、機能もまちまちの自動ブレーキ

安全の要であるにも関わらず分かりにくい

2016年7月27日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 米電気自動車(EV)メーカー、テスラモーターズの高級セダン「モデルS」で5月、死亡事故が起きた。事故当時、モデルSは自動運転モードで走っていた。死亡した運転手とテスラのあいだには自動運転をめぐる認識の差があったもようだ。この問題は、遠く離れた海の向こうの出来事ではない。筆者には以前から、気になっていたことがある。

 事故は今年5月、米フロリダ州の高速道路で起きた。太陽光が強すぎたためにセンサーが正常に機能せず、車両前方を横切ろうとしたトレーラーを検知できなかった疑いがある。そのまま直進した車両はトレーラーの下に潜り込むように衝突した。テスラの自動運転システムが直接の原因かは分かっていない。仮にそうだとすれば、いわゆる「自動運転車」で死者が出た世界で初めての事例となる。

自動運転による世界初めての事故が起きたテスラ車の一部とみられる部品(7月1日、米フロリダ州(写真:ロイター/アフロ)

 車両を検証すると、ブレーキが作動した形跡がなかった。現地報道によれば、車内からはDVDプレーヤーが見つかっている。つまり、衝突時に運転手が前方を見ていなかった恐れがある。

テスラは「運転の責任は運転手に」と強調

 「テスラの自動運転モードはベータ段階の技術にすぎない」。テスラは6月末、事故に関してコメントを発表した。同時に「自動運転モードは、運転手が常にハンドルに手を添えていることを前提とする運転支援機能。車両をコントロールする責任は運転手にある」とも強調した。

 訴訟社会を生き抜く米国企業とあって、さすがに強気な姿勢を崩していない。きっと運転マニュアルや免責事項にも「あくまでも運転の主体は運転手」という注意書きが存在するのだろう。

 だが、あえて問いたい。それなら何故「自動運転」と銘打ってクルマを売っていたのですか。

コメント21件コメント/レビュー

本当の自動運転は、いくら車を開発しても無理。自動運転時代に本当にしたいなら、日本の各会社を集め、国交省が音頭を取り、日本方式で「道路」と「車」をいっしょに自動運転できるように開発しなければならない。
その技術が優れていれば、海外にその方式を輸出できるであろう。
自動車だけいくら技術を進めても、自動運転社会にはならない。(2017/01/17 17:47)

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「カタカナだらけ、機能もまちまちの自動ブレーキ」の著者

藤村 広平

藤村 広平(ふじむら・こうへい)

日経ビジネス記者

早稲田大学国際教養学部卒業、日本経済新聞社に入社。整理部勤務、総合商社インド拠点でのインターン研修などを経て、企業報道部で自動車業界を担当。2016年春から日経ビジネス編集部。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

本当の自動運転は、いくら車を開発しても無理。自動運転時代に本当にしたいなら、日本の各会社を集め、国交省が音頭を取り、日本方式で「道路」と「車」をいっしょに自動運転できるように開発しなければならない。
その技術が優れていれば、海外にその方式を輸出できるであろう。
自動車だけいくら技術を進めても、自動運転社会にはならない。(2017/01/17 17:47)

「「自動運転(自動ブレーキ等含む)中の事故はメーカー責任」とすべきだ。」のコメントへ。
それでメーカーが作りたいと思えるほどリスク取れると思ってるの?
責任を取って欲しいならドライバーを雇うかタクシーに乗りなさい。
人件費だけでなくリスクを取るからこそ利用料が高いのだ。
仮にドライバーの能力を完全コピーできるコピーロボットがあるとして、
そのコピーが犯した事故の責任がコピー元の人間に有るとする。
とあるドライバーのコピーを1体当たり売り切り幾らで採算が立つと思うのか?
自動運転ソフトの問題だけでも上記で安くないのが判るはずだ。
エアバッグのリコールで会社が傾く位なのに責任を取れると思うのか?
完全に人間を全てにおいて凌駕するほどハードとソフトが育ったかなり未来の話なら
責任が取れることもあるだろう。
しかし、責任がメーカとすると黎明期にリスクは取れない。
だから、人間と機械が両方カバーし合ってトータルで事故を減らそうが自動ブレーキ等
全部任せてしまったら任せた人間の責任で当面いいのではないか?
任せた人間より全てにおいて機械が勝ると思うなら全て任せてよいがそれでもね。
全て任せてもメーカの責任でOKなら新幹線とかの運転士が少しくらい注意義務を怠る位全く問題ないレベルになってしまう。(2016/07/29 02:49)

筆者の問題提起には同感するが、コメントにある「事故責任は自動運転のスイッチを入れた人(運転席に座っていた人)」は逆ではないか。運転手の状況によらず「自動運転(自動ブレーキ等含む)中の事故はメーカー責任」とすべきだ。原発のリスク云々と書いている人もいるが、原発の場合は自然災害リスク等も含めてメーカー責任なので、話がまるで違う。そこを「運転手がハンドルを握っていることを前提とする」云々などと曖昧にするから、安全が軽視されることになる。どんな技術にも適用限界がある以上、適用限界内にあるかどうかの判断も含めて、メーカー責任とすべき。現状は適用限界すら明らかにしないまま、「自動」と銘打っている。フェイルセーフという概念はどこに行ったのだろうか?(2016/07/28 11:22)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長