• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ゴーン氏がのんだ「減額」、役員報酬の新潮流

上場企業役員報酬ランキングを全公開

2016年7月29日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

仏ルノーは、カルロス・ゴーン最高経営責任者(CEO)の報酬について、ボーナスにあたる業績連動部分を20%減額すると発表した。ゴーン氏の報酬を巡っては、ルノーの筆頭株主である仏政府が「高すぎる」と批判していた。
(写真:Chesnot/Getty Images)

英首相、役員報酬の抑制を求める

 世界各国で「役員報酬」がやり玉に上がっている。仏ルノーは、フランス政府など株主からの批判を受けて、2016年のカルロス・ゴーン最高経営責任者(CEO)の報酬からボーナスにあたる業績連動部分を20%減額すると発表した。同社が4月に開催した株主総会ではゴーン氏の報酬を決める議案に54%の株主が反対していた。ルノーによるゴーン氏の2015年の報酬は約725万ユーロ(約8億4000万円)で、日産自動車からの2015年度の報酬は10億7100万円だった。

 EU(欧州連合)からの離脱を決めた英国のテリーザ・メイ新首相は、役員報酬の抑制を求めていることで知られる。これまで穏健な株主と見られていた海外年金基金も、役員報酬の監視を強化することを表明した。株主が報酬に注文をつける「セイ・オン・ペイ」、不正会計などがあった場合に報酬を返還させる「クローバック」や、支払いを繰り延べている報酬を減額する「マルス」といった制度は、既に欧米では一般的だ。

「格差拡大」に対する庶民の不満の高まり

 役員報酬に対する批判の高まりは、「格差拡大」という庶民の不満に根差す面が大きい。一部のエリートが多額の報酬を手にする一方で、一般的な働き手の報酬とは大きな差がついていることに不満を持つ人が増えているのは事実だ。それは、実質賃金の伸び悩みが景気の足を引っ張る日本でも例外ではない。

 ソフトバンクグループが2015年度、副社長だったニケシュ・アローラ氏に支払った報酬は64億7800万円だった。同社社員の平均年齢は40.2歳で平均年間給与は1164万3307円。平均的な社員がいるとして573年間働いて得る額を、1年で手に入れた計算だ。

 これは特異な例としても、日本企業における役員報酬の膨張傾向は明らかだ。本稿の末尾に、東京商工リサーチがまとめた、2015年4月期~2016年3月期決算企業で、1億円以上となった役員報酬リストを全公開している。リストに名前が載ったのは529人となり、過去最多となった。

コメント4件コメント/レビュー

経営者の報酬など、その本質は資本と従業員の労働による付加価値に支えられたものに過ぎない。日本企業で経営者の「戦略」が優れているから企業価値が高まったといえる企業は数少ないのではないか。昨今、経営者の手腕などとは無関係の、米国景気拡大と円安による利益増加に便乗して報酬を「お手盛り」的に増やしているに過ぎない。英米の経営者に比べて低いと記事は書くが、英国メイ政権の新しい動きや、米国での格差に対する批判の高まりを見るにつけ、「有能な経営者を得るには国際水準の報酬が必要」というのは、単に金の亡者の自己弁護としか思えない。日本の経団連会長にしても、昔の、報酬が高くなかったであろう頃の会長の方が、人格識見ともに優れていたと思うのは私だけだろうか。(2016/07/29 14:12)

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「ゴーン氏がのんだ「減額」、役員報酬の新潮流」の著者

広岡 延隆

広岡 延隆(ひろおか・のぶたか)

日経ビジネス記者

日経コンピュータ編集部、日本経済新聞産業部出向を経て2010年4月から日経ビジネス編集部。現在は自動車など製造業を担当している。これまでIT、電機、音楽・ゲーム、自動車、製薬産業などを取材してきた。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

経営者の報酬など、その本質は資本と従業員の労働による付加価値に支えられたものに過ぎない。日本企業で経営者の「戦略」が優れているから企業価値が高まったといえる企業は数少ないのではないか。昨今、経営者の手腕などとは無関係の、米国景気拡大と円安による利益増加に便乗して報酬を「お手盛り」的に増やしているに過ぎない。英米の経営者に比べて低いと記事は書くが、英国メイ政権の新しい動きや、米国での格差に対する批判の高まりを見るにつけ、「有能な経営者を得るには国際水準の報酬が必要」というのは、単に金の亡者の自己弁護としか思えない。日本の経団連会長にしても、昔の、報酬が高くなかったであろう頃の会長の方が、人格識見ともに優れていたと思うのは私だけだろうか。(2016/07/29 14:12)

ソフトバンクで上位に入っている経営者が目立つが、CEOの孫正義 氏が1.3億円には説明が必要だ。報酬のほとんどを株式で支給されているのか、それとも株式への配当だけで十分なので、報酬は「形だけ」という意味なのか?私は今年の東芝の様に評価を急激に落とした会社の経営者が前年と同程度の報酬を得るのは間違っていると思う。評価が下がる前の株価で前年報酬額を割った数の株式のみを現物供給するのが良い。ただし、最低限の生活に必要な5百万円程度は現金を入れても良い。普通億の報酬を受けている経営者は数年は報酬なしでも食える位の蓄えはあるはずだから不要だとは思うが。経営を立て直せば株価も上がり、現物で得た報酬は評価額が増える。そうなってから現金化したければすれば良い。ところで、この1億円以上の報酬を得ている経営者たちの報酬額にストックオプションによる収入は含まれていないのだろうか?会社によっては、この額がとてつもなく大きく、それを含めない報酬額の比較では読者はミスリードする。(2016/07/29 12:46)

会社業績向上に貢献した優秀な人が相応の報酬を手にする事自体は全く持って異存はない。
問題視すべきはその結果、他社の生存を脅かすような配分や権力の集中を許してしまう社会風潮と感じます。
経営者諸氏に問いたい。貴殿らはいつから法で保護されている他者の生存権を奪う権利を持ったのかと。(2016/07/29 12:28)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長