• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

上海でトヨタ車が「まぁまぁ」としか言われないワケ

日本流の安全設計がアダに

2015年7月31日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

上海市内にあるトヨタ自動車の販売店(写真:町川 秀人)

 2015年7月28日、「トヨタ自動車の世界販売台数(2015年1~6月)が2位に転落」というニュースが流れた。要因の一つに、中国など新興国での販売不振があるという。このニュースを聞いて、2015年6月初旬に出張した上海で出会ったA氏のことを思い出した。

 上海で生まれ育ったA氏は、日本に留学していたことのある親日家。市内の日系企業に勤め、最近、「迷ったけれどトヨタではなくBMWを購入した」というアラサーの男性だった。なぜトヨタではなく、BMWを選んだのか。その理由について聞くと、こんな答えが返ってきた。

 「トヨタ車は、安いけど性能は高くない。上海人にとってトヨタの印象は『まぁまぁ』ってとこかな」

 「まぁまぁ…」。日本人としては少し残念な気持ちになってつぶやくと、A氏は微笑みながらこう補足した。

 「トヨタ車は中国では高級車のうちに入らないんです。中国人の中でも特に私たち上海人は、ブランド志向が強い。高級ブランドの車といえば、中国ではBMW、ベンツ、アウディにキャデラック。あとはレクサスくらいでしょうか」

 心の中で「レクサスだってトヨタ車ですけど」と思った矢先、A氏を紹介してくれた日本人のB氏が、横から話に割って入ってきた。

 「レクサスは、トヨタ車だと思われていません。トヨタがあえて、全く別ブランドとして売り出しているからだと思います」

 なるほど。それにしても、性能は高くないし、ブランド力も低い――。日本でのイメージとのギャップに驚いたが、とにかくA氏の話の続きを聞くことにした。

 A氏は続けた。

 「私自身は別にトヨタでも良かったんです。日本車は燃費がいいので、購入後も安く済ませられますから。問題は、結婚でした」

 「け、結婚?」

 話の方向がもっと見えなくなってきた。

コメント18件コメント/レビュー

記事を読んで釈然としないものが残りました。私の知る限り、世界で真っ先にクラッシャブル構造を採用したのはドイツ車です。トヨタはドイツ車からクラッシャブル構造と車の安全についての考え方を学んだわけです。今のドイツ車もクラッシャブル構造を採用していますし、安全度で劣るとは考えられません。トヨタびいきが過ぎる印象を持ちました。
トヨタ車も良い車であるのですが、世界最高の車ではありません。私が国産車に乗るのはコストパフォーマンスが良いことが理由です。(2015/08/04 17:16)

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「上海でトヨタ車が「まぁまぁ」としか言われないワケ」の著者

池松 由香

池松 由香(いけまつ・ゆか)

日経ビジネス記者

北米毎日新聞社(米国サンフランシスコ)で5年間、記者を務めた後、帰国。日経E-BIZ、日経ベンチャー(現・日経トップリーダー)、日経ものづくりの記者を経て、2014年10月から日経ビジネス記者。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

記事を読んで釈然としないものが残りました。私の知る限り、世界で真っ先にクラッシャブル構造を採用したのはドイツ車です。トヨタはドイツ車からクラッシャブル構造と車の安全についての考え方を学んだわけです。今のドイツ車もクラッシャブル構造を採用していますし、安全度で劣るとは考えられません。トヨタびいきが過ぎる印象を持ちました。
トヨタ車も良い車であるのですが、世界最高の車ではありません。私が国産車に乗るのはコストパフォーマンスが良いことが理由です。(2015/08/04 17:16)

安全ポリシーが間違っている。おそらく,今はどんな高級車メーカーでもクラッシャブルゾーンを利用しているはず。なぜならば,衝突する相手が車なら良いが,人が相手なら固い鉄のかたまりはまさしく凶器だからだ。今の安全基準では,人身事故への配慮もなされている。人体への対応のためには,ぺこぺこに作るしかない。そんな固く作ったら,助かる命も助からない。中国では人命が軽んじられているのかも知れないが,安全基準としては中国でも含まれているのではないか。もう少し安全基準を調べてみてはいかがだろうか?(2015/08/03 10:54)

まあ中国は広いから。上海では確かに圧倒的にVWとGMそれにドイツ高級車メーカーが強いけど、北京に行くとそこに現代自動車が割って入る。いっぽう広東省とくに広州は、日本車比率が一気に高くなります。内陸に行くと(たとえば西安)沿岸部ではそれほど目立たない、力帆だの吉利だの比亜ディとか、中国地元のブランドがとても強いですね。中国のインターネットでは、よく記事で指摘されていた「日本車は弱い」という記事が際限なくあるいっぽうで「それは素人考えなのだよ」という地元の車好きの反論もわりあい見かけます。(2015/07/31 14:37)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長