• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ドイツで試乗した「ミラーなしの車」のすごさ

6月に“解禁”されて注目を集める「ミラーレス」

2016年8月2日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「体験するのは初めて?すぐ慣れるから運転してみてよ」

 7月27日、独フランクフルト。自動車部品世界大手のコンチネンタル本社で、1台の試作車に乗る機会を得た。下の写真が、その試作車だ。よく見ると、外見から何の試作車なのか判断できるのだが、お分かりだろうか。

自動車部品大手の独コンチネンタルが開発した試作車。メルセデス・ベンツのEクラスを改造したもの
試作車を側方から見た様子

 答えは「鏡がない」こと。サイドミラーとバックミラーが付いていない。後方を確認するための鏡をカメラで置き換えたもので、一般的に「ミラーレス車」と呼ばれる。ミラー代わりのカメラを「電子ミラー」と呼ぶこともある。

 ミラーに関する国際基準が改定され、カメラの使用が可能になった。これを受けて日本でも、国土交通省が6月18日に道路運送車両の保安基準を改定。自動車メーカーはミラーレス車を開発することが可能になった。

 新型車であれば、2019年6月18日以降に発売できる。この改定によってミラーレス車ににわかに注目が集まっている。

 では、ミラーレス車のメリットとは何か。

コメント26件コメント/レビュー

ただでさえ電装系が弱いと評判のドイツ車で大丈夫かいな
さらに経年変化に弱いと評判の有機ELの組み合わせ
突然真っ暗になったりした場合の、バックアップってあるんでしょうか?(2017/03/06 10:10)

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「ドイツで試乗した「ミラーなしの車」のすごさ」の著者

島津 翔

島津 翔(しまづ・しょう)

日経ビジネス記者

2008年東京大学大学院工学系研究科修了、日経BP社に入社。建設系専門誌である日経コンストラクション、日経アーキテクチュアを経て、2014年12月から日経ビジネス記者。担当分野は自動車、自動車部品。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ただでさえ電装系が弱いと評判のドイツ車で大丈夫かいな
さらに経年変化に弱いと評判の有機ELの組み合わせ
突然真っ暗になったりした場合の、バックアップってあるんでしょうか?(2017/03/06 10:10)

当時投書した者ですが、昨年の2月の記事が何で再度注目されるのかそこのところを知りたいですね。私はもっと前にミラーレスの件で、フェルディナント氏にどう思うか当誌で質問したのですが、何の回答もありませんでした。ミラーレス は事故防止、自動運転に繋がる画期的な技術と思います。デザイン的にもスマートです。航空機にはサイドミラーなんてないからカッコいいのです。今のAIの技術なら後方の車の位置だけでなく速度まで感知できる。各メーカーのデザイナーがどう考えているか、興味があります。次回記事にする時是非考慮して下さい。73歳老より(2017/03/05 08:53)

確かに"すごい"と思いました。
私が鈍いだけなのかもしれませんが、ミラーをカメラに置き換えるとか、ミラーがなければ抵抗が減るとか、私は今まで考えたこともなかったです。
相手との距離がヴィジュアライズされるのもとても感心しました。確かにこれがあるととても助かります。
また記事にコンティネンタルの名前しか出てこないこと言うことは、おそらくコンティが独自に開発して、これからOEMに売り込むんじゃないと思いますが、こういうティア1サプライヤーの技術力・開発力ってすごいですね。OEMだけじゃなく、ティア1の技術力も自動車の技術的進化を支えていると感じました。(2017/01/08 16:00)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長