• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

バブルの象徴? 山梨巨大住宅地の現在

全長200m「東洋一」のエレベーターで街に「登る」

2015年8月19日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

山梨県上野原市にある住宅地「コモアしおつ」の全景

 「島津さん、(不動産担当なのに)知らないって、モグリですよ…」

 7月下旬。筆者は不動産調査会社の東京カンテイを訪れていた。本題は都心部のマンション価格だったが、脱線してバブル期の不動産価格について、同社の上席主任研究員である井出武氏に質問した。ちょうど日経ビジネス8月3日号でバブル入社組をテーマとした特集を担当していて、頭の中がバブル期のことで一杯だったからだ。

井出氏:バブルのころは、都内では戸建てもマンションも軒並み1億円超えですよ。都心部では18平米のワンルームで5000万円超えという物件もありました。一般的な給与水準では、ファミリータイプのマンションなんて、とてもじゃないが買えなかった時代です。

筆者:(データを見ながら)去年ごろから住宅価格が値上がりしていますが、バブル期の価格は比べ物になりませんね…。戸建てを買いたい人はどこで買っていたんですか?

井出氏:山梨ですよ山梨。新宿まで電車で1時間程度というのがウリでした。島津さんも「コモアしおつ」は知っているでしょう? 「斜行エレベーター」で有名な。

筆者:いえ、聞いたことがないです…。

 ここで飛び出したのが冒頭の台詞である。

 井出氏はこう続けた。「コモアしおつはバブル後期に売り出された戸建て住宅地。バブル入社組の特集も担当していることだし、一度行ってみたらどうですか?」

筆者:バブル期に開発された郊外型巨大住宅地ですか。リゾート地に建てられた一部のマンションのように、廃墟化が進んでいそうですね。

井出氏:いや、違うんですよ。今でも人気の住宅地。管理もしっかりされているようです。

 バブル期に大量に売り出され、しかも今でも需要がある住宅地。バブル入社組の特集に関係あるかどうかは別にして、単純に興味深かった。早速、売主である積水ハウスに取材を申し込み、コモアしおつに向かった。

コメント3

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「バブルの象徴? 山梨巨大住宅地の現在」の著者

島津 翔

島津 翔(しまづ・しょう)

日経ビジネス記者

2008年東京大学大学院工学系研究科修了、日経BP社に入社。建設系専門誌である日経コンストラクション、日経アーキテクチュアを経て、2014年12月から日経ビジネス記者。担当分野は自動車、自動車部品。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長