• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

あなたの「性」は何ですか?

LGBT比率「7.6%」が持つ本当の意味

2015年8月27日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「正直、私はあなたがここにいることに嫌悪感を抱いています」

 6月21日に神戸市で開催されたLGBT向けのあるミーティング。参加者の一人でゲイの息子を持つと言う女性は開口一番、筆者に対してストレートにこう感情をぶつけてきた。

 LGBTとは、レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーの頭文字をとった性的マイノリティーを意味する言葉である。このミーティングは、LGBT当事者や当事者の家族、友人が集まり情報交換をする場。8月24日号の日経ビジネスに掲載したLGBT特集のチームに加わったばかりの筆者は、「今後取材を進めるにあたって、当事者や家族がどんな思いを抱いているか勉強したい」と主催者にお願いし特別に参加させてもらった。

 女性はこう続けた。

 「LGBTはこんなに苦労しています、だから皆さん理解してあげましょう。メディアはいつだって、そんな上から目線の記事ばかりじゃないですか」

 「齊藤さん、どうですか」。進行役の人にそう促され何か回答した気がするが、彼女が抱いた嫌悪感を拭い去るだけの言葉は何も出てこなかった。これが、LGBT特集に向けた最初の本格的な取材だった。

非当事者の自分が書けることは

 電通ダイバーシティ・ラボの調査によると、日本の人口におけるLGBTの比率は7.6%。13人に1人が当事者ということになるが、筆者も含め特集班の記者4人は残りの92.4%だ。

 今回の特集は、92%の非当事者である記者が、7.6%のマイノリティーにスポットを当てている。所詮自分は当事者ではない――そんな姿勢が行間から滲みでるような、斜め上からLGBTの現状を書く特集にはしたくない。この2カ月間、冒頭の女性の言葉を常に頭に置いて取材を進めてきた。

コメント3件コメント/レビュー

おいおい、ジェンダーとは― が未だ解けない内にトランスジェンダーかね。早い話が記述の、私は、私が男性が好き― だから私は女性。女性と自任しているあなたが女性を表明するからいいようなものだけれど、男性の僕が、あなたは男性が好きだものね― とでも言ってあなたを女性と決め付け?位置付け?したら、LGBT ではアウト必定ではないのかな。正に厄介なのは今、1対1の男・女として話合って居るつもりでも、その何れかが LGBT であることを確認しないと話合いも始まらないということになるのか。加齢に伴う「あなた(私)は誰?」や「私はどっち?」の現象としての単なる自問自答を笑えなくなり、例えば誰かに問われたとしても軽々に答えられない課題になるということか。確固たる分類、ファジー、ダイバーシティ時代に至る。個人単位の対応でもこの程度のストレス惹起、団体・企業に於いておやと考えるほどに身の毛がよだつというものだ。(2015/08/27 10:25)

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「あなたの「性」は何ですか?」の著者

齊藤 美保

齊藤 美保(さいとう・みほ)

日経ビジネス記者

2011年中央大学法学部卒業。同年、日本経済新聞社に入社。産業部にて電機、IT、自動車業界を担当した後に、2014年3月から日経ビジネス編集部に出向。精密業界を中心に製造業全般を担当する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

おいおい、ジェンダーとは― が未だ解けない内にトランスジェンダーかね。早い話が記述の、私は、私が男性が好き― だから私は女性。女性と自任しているあなたが女性を表明するからいいようなものだけれど、男性の僕が、あなたは男性が好きだものね― とでも言ってあなたを女性と決め付け?位置付け?したら、LGBT ではアウト必定ではないのかな。正に厄介なのは今、1対1の男・女として話合って居るつもりでも、その何れかが LGBT であることを確認しないと話合いも始まらないということになるのか。加齢に伴う「あなた(私)は誰?」や「私はどっち?」の現象としての単なる自問自答を笑えなくなり、例えば誰かに問われたとしても軽々に答えられない課題になるということか。確固たる分類、ファジー、ダイバーシティ時代に至る。個人単位の対応でもこの程度のストレス惹起、団体・企業に於いておやと考えるほどに身の毛がよだつというものだ。(2015/08/27 10:25)

従来のレズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダーとはっきり自覚しているタイプは、本人に悪気がなくても結果的に周囲を巻き込むことも少なくないから、保守派は反発し、周囲も上から目線になるのだと思いますし、従来の男らしさ、女らしさからかけ離れている人も含めれば、その比率が7.2%になっても別に驚きはしませんね。
男でも車の運転が苦手な人もいれば、女でも家事・育児・料理が苦手な人もいる。そんな方も含めれば1割じゃ済まないと思いますよ。
それでも男は主たる稼ぎ手として家計を支えなければならないから、食べていくためと神経をすり減らすのを承知でそれでも割り切り、女も周囲の圧力に負けて女らしさを押し付けられてきた。生きて行くためにはそうせざるを得なかった。ただそれだけのことです。(2015/08/27 10:13)

冒頭のやりとり、最初からマイノリティ側が壁を作ってるじゃないですか。あまりマスコミの報道姿勢を擁護するつもりもありませんが、壁作って閉じこもるなら勝手にしてくれと思います。
人間以外の雌雄の別を持つ生物に、LGBTその他のような性向を持つ種がいるかは判りませんが、女性らしさや男性らしさなど、所詮認識の最大公約数でしかなく、違和感を覚える個人がいたって何の不思議もないと思いますけどね。
そういう“らしさ”に疑問を持つ割には“らしさ”に拘ってませんか。自分は自分であればよいのでは。(2015/08/27 09:07)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長