• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

満室ホテルは15時に電話せよ

記者も実感した出張族へのしわ寄せ

2015年9月2日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「お探しの宿泊施設は見つかりませんでした。条件を変えて再度検索してください」。6月下旬、記者が大手宿泊予約サイトで札幌市内のホテルを探していた時の話だ。札幌へ出張が決まり、翌週のホテルを探していた。何気ない平日でしかも1週間後に泊まるホテルは簡単に見つかると思っていた。

 だが甘かった。いつものように宿泊予約サイトで「1万円以下」で部屋を探すと、上記のようなメッセージが表示され見つからない。会社規定の出張旅費よりも高い1泊1万5000円以下に広げても見つからない。2万円以下でも同じ。

出張で一泊6万7000円は…

 システムエラーかと思い、3万円以上にまで対象を広げるとぽつぽつと出てきた。中でも驚いたのが約6万7000円の部屋。スイートルームでもなく、ごく一般的なツインルームだった。宿泊費には定価があるはずだが、その3倍以上になっていた。

 さすがに6万7000円の宿泊代を会社へ請求できない。いくつかのサイトを見ても、2万円以下が見つからず途方に暮れた。ダメ元で直接何軒かのホテルに電話したところ、1万5000円の部屋が見つかった。キャンセルで空いた部屋だという。規定の出張旅費を超え差額は自腹になるが、なんとか確保できた。

 札幌だけではない。東京や大阪、福岡など主要都市のホテルに空きがない。空いていても高額で出張族が泊まれない状況に陥っている。札幌出張はその現象を実体験した格好だ。

 原因と言われるのが訪日外国人の増加だ。2015年7月の訪日外国人数が前年同期比51%増の191万8400人で単月の過去最高を記録した。

 訪日客が数カ月前から部屋を確保するため、早々に満室となってしまう。直前にしか予定が決まらない出張族がいざ予約しようとしても見つからないのだ。

 ホテルにとっては収益が見込みやすく経営が安定するメリットはあるが、本来ならリピート需要が期待できる出張族にしわ寄せがきている。

 出張が多い会社員にとってホテル代はどう浮かせるかが腕の見せ所だった。宿泊代にクオカード数千円分を含めたホテルがあった。出張族はそのクオカードを換金するなどして飲食代に充てる裏ワザで懐を温めていた。そんな楽しみももはや難しく、出張費を浮かすどころか自腹を切らなければならない都市が増えている。

コメント5

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「満室ホテルは15時に電話せよ」の著者

西 雄大

西 雄大(にし・たけひろ)

日経ビジネス記者

2002年同志社大学経済学部卒業。同年、日経BP社に入社。日経情報ストラテジー、日本経済新聞社出向、日経コンピュータ編集部を経て、2013年1月から日経ビジネス編集部記者。電機、ネットなどを担当する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長