• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ふなばしアンデルセン公園が「日本3位」の理由

年々少なくなる子供の遊び場

2015年10月13日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2015年は5連休となったシルバーウィークのある日、筆者は3歳4カ月になった娘を連れて、千葉県船橋市にある「ふなばしアンデルセン公園」へ遊びに行った。ここは、今年の5月に世界的な旅行サイト「トリップアドバイザー」が選ぶ「日本の人気テーマパーク」で東京ディズニーランド、ディズニーシーに次いで3位にランクインしたところだ。大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンをしのぐ人気の秘密はどこにあるのか。テーマパーク業界担当としても気になっていただけに、自身もとても楽しみだった。

USJをしのぐ日本第3位の人気

 ふなばしアンデルセン公園は、東京ドーム約6個分に相当する30ヘクタールの敷地に様々な工夫を凝らした遊び場が集まっている公園だ。一年を通じて様々な花が楽しめる公園でもあり、緑豊かで自然を満喫できる場所としても知られている。

 アスレチック、滑り台といった遊具はもちろん、パターゴルフに変形自転車、ボート漕ぎにポニー乗馬とアクティビティーの種類は数え切れない。水遊びができる広大な池、うさぎなどと触れ合える小動物園やミニ列車など、動物園や遊園地にある遊びもある。1日中いてもまったく飽きない。

 これだけの内容なのに、入園料が大人900円というコストパフォーマンスの良さも人気の秘密だろう。飲食も持ち込み自由だ。

 テレビなどで取り上げられたこともあって、混雑度は半端なかった。チケット売り場は長蛇の列で30分近く並んだ。長さ50メートルを超える巨大滑り台は、てっぺんに到達するまでに15分待った。ボールの上でぴょんぴょん跳ねて遊べる「わんぱくボール島」は、跳ねるたびに他の子供と接触しそうになり、十分に跳ねることができなかった。

 翌日テレビの報道で知ったのだが、この日の来園者は1万人だったそうだ。広さ約51ヘクタールの東京ディズニーランドで「混んでいるな」と感じる際の1日の入園者数が大体5万人なので、混み具合はまだディズニーランドほどではない。だが素朴な公園でこれだけ混雑するとは「時代も変わったなぁ」と感じた。

コメント12

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「ふなばしアンデルセン公園が「日本3位」の理由」の著者

武田 安恵

武田 安恵(たけだ・やすえ)

日経ビジネス記者

大学院卒業後、2006年日経ホーム出版(2008年に日経BPと合併)に入社。日経マネー編集部を経て、2011年より日経ビジネス編集部。主な担当分野はマクロ経済、金融、マーケット。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

社長に就任してずっと言っているのが ファンダメンタルズの強化。

安形 哲夫 ジェイテクト社長