• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

クルマを一変させる「CASE」って何だ?

2016年10月19日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 10月16日に閉幕したパリモーターショー。報道公開日は各種の記者発表を駆けずり回ったが、最も印象に残ったのは、「CASE=ケース」という造語だった。

 発言の主は独ダイムラーのディーター・ツェッチェ社長だ。「ダイムラーが新ブランドを立ち上げるらしい」。そんな噂によって報道陣で溢れかえった会場に、お馴染みの髭をたくわえジーンズ姿で登壇したツェッチェ社長は、新型EV(電気自動車)の発表をこう切り出した。

 「学生にメッセージを送りましょう。私は(大学で)電気工学を学んだ。なぜ機械工学を学ばないのかと言われたが、この40年間が間違っていなかったと確認できた。今日のメーントピックはEV(電気自動車)だ」

パリモーターショーで「CASE」について語る独ダイムラーのディーター・ツェッチェ社長

 そしてプレゼン終盤に、翌日の現地新聞紙面を賑わせたEV専用の新ブランド「EQ」を発表したのだが、記者はむしろその前にツェッチェ社長が言った「CASEこそ業界を一変させる力を持っている」というフレーズが耳に残った。

 結論を先に言えば、CASEは4つのキーワードの頭文字を取ったものだ。コネクティビティ(接続性)の「C」、オートノマス(自動運転)の「A」、シェアード(共有)の「S」、そしてエレクトリック(電動化)の「E」である。

 言われてみれば、今の自動車のトレンド4つの頭文字を並べただけなのだが、「大切なのはこの4つを包括的に提供するパッケージだ。(新ブランドである)『EQ』はCASEにのっとったビジネスを展開する」というツェッチェ社長の発言を聞いて、ようやくダイムラーが目指す未来を想像できるようになった。

コメント6件コメント/レビュー

昨日、ドイツVW社がディーゼル車をアメリカから撤退させる決定をしました。
お尻に火が付いた格好のドイツ勢ですが、ネーミング、広告に関しては日本メーカーよりも上手い。
また、アメリカ人がドイツ車メーカーに騙されないように、
日本車メーカーはドイツに先んじて広告を打つ必要があると思います。
「本当に環境に優しい車はドイツ車ではなく日本車だ」と(2016/11/24 12:16)

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「クルマを一変させる「CASE」って何だ?」の著者

島津 翔

島津 翔(しまづ・しょう)

日経ビジネス記者

2008年東京大学大学院工学系研究科修了、日経BP社に入社。建設系専門誌である日経コンストラクション、日経アーキテクチュアを経て、2014年12月から日経ビジネス記者。担当分野は自動車、自動車部品。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

昨日、ドイツVW社がディーゼル車をアメリカから撤退させる決定をしました。
お尻に火が付いた格好のドイツ勢ですが、ネーミング、広告に関しては日本メーカーよりも上手い。
また、アメリカ人がドイツ車メーカーに騙されないように、
日本車メーカーはドイツに先んじて広告を打つ必要があると思います。
「本当に環境に優しい車はドイツ車ではなく日本車だ」と(2016/11/24 12:16)

何処までが、メルセデスの発表情報でどれが記者の憶測か分からない。AIやらを書く記者は物理的制限などの基礎知識が無く書く事が多く、面白いけど単なる記者の戯言に時間を取られるリスクが有る。(2016/10/19 15:21)

>エンジンを置くスペースが不要なので、各種センサーやECU(電子制御装置)などを置く余裕も生まれる

こういう的外れな話が出てくると、勢い胡散臭くなってしまいますね。

確かにEVのパワートレーンはエンジンやトランスミッションなどに比べればコンパクトでしょう。が、同じ航続距離を得るのに必要な燃料タンクとバッテリーの体積は何倍違うのか、この重要な部分を平気で無視できる感覚が信じられません。

そもそも、メルセデスは過去に何度も未来を先取りするようなコンセプトを提案していますが、何か成功例があったでしょうか?

例えば、初代AクラスはEV化やFCV化も強く意識した二重底のプラットフォームを採用し、鳴り物入りで発売されました。しかし、そうした構造を生かす段階に進むことは叶わず、未来志向という部分では空回りに終始してしまいました。それどころか、こうした構造がアダとなって重心が高く転倒しやすい欠陥車というイメージが定着してしまい、それを払拭するのがAクラス最初にして最大の試練となってしまったのです。

彼らにはこうした前例があるということを忘れず、もう少し冷静に受け止めてもらいたいものです。(2016/10/19 11:09)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長