• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

移動が面倒くさいインドで役立ったあのサービス

出張者目線で考える、タクシーかUberか

2015年10月27日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

インド版の「地球の歩き方」

 今から2カ月ほど前、筆者は「地球の歩き方 インド 2015~16年版」と睨めっこをしていた。ムンバイやチェンナイへ出張するため、「持ち物チェックリスト」を参考にしながら、衣類やらサンダルやらをスーツケースに押し込んでいたのだ。

 「出張に『地球の歩き方』はいらないだろう」と指摘されそうだが、筆者は公私を問わず、海外に行く時はこの本を買う。スマートフォンが一般的でなかった学生時代からの習慣で、地図や鉄道路線図を見たり、気候や歴史に関する記述を読んだりするのが好きなのだ。名所や郷土食の話題などは、取材先との世間話のネタにもなる。地球の歩き方を行きの機内で読むと、出張や旅行先に降り立つ楽しみが膨らむ人は多いのではないか。

 しかし今回は、読めば読むほど不安になった。他の国と比べて、インド版はトラブルに関する記述がやたらに多い。オートリキシャーでの料金トラブル、タクシーでの料金トラブルなどなど…。かつて私的なアジア旅行の際に、リキシャーのドライバーにふっかけられて、文句を言ったら適当な場所で降ろされた記憶が蘇る。仕事である以上、この手の移動のトラブルは全力で回避したい。かといって、毎日ホテルで車を借りるほどの予算はない。バスや列車は仕事での移動には向かないだろう。どうしたものか。

 というわけで、初日の取材で会ったインド企業の広報担当者に「上手な移動の仕方」を聞いてみた。その担当者はムンバイ出身の30歳の女性で、ちょうど筆者と同い年。彼女の意見であれば参考になりそうだと思ったのだ。

インドの若者にも、もちろんスマートフォンは必需品

コメント0

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「移動が面倒くさいインドで役立ったあのサービス」の著者

佐藤 浩実

佐藤 浩実(さとう・ひろみ)

日経ビジネス記者

日本経済新聞社で電機、機械、自動車を6年間取材。13年4月に日経ビジネスへ。引き続き製造業を担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック