• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ファナックがIT人材を100人中途採用するワケ

IoT対応へソフト面の体制固め急ぐ

2017年11月1日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ファナックが100人に上るソフトウエア技術者の中途採用に動いている。同社はロボットや工作機械の頭脳となるNC(数値制御)の世界大手メーカー。高い競争力の半面、「孤高」ともいわれる研究開発姿勢を貫いてきたファナックがこれだけの規模で中途採用を活発化するのは異例だ。知見を持つ外部の人材を積極的に取り込むことで、製造現場におけるIoT(モノのインターネット化)で絶対に負けないという覚悟を示している。

 ファナックが募集しているのはIT(情報技術)分野などでの勤務経験を持つソフトウエアの開発者だ。中途採用の募集要項によると、想定年収は440万から1100万円とある。勤務地は山梨県忍野村の本社。サイトでは山梨の住環境や子育て環境のよさ、富士山麓に広がる職・住一体型の51万坪もの会社敷地内にあるジムやカルチャーセンターなど充実した厚生施設が紹介されている。

国内最大の見本市「CEATEC(シーテック)」へ初出展

 ロボットメーカーであるファナックがなぜソフト技術者の一括大量採用に踏み切るのか。

 その理由は10月2日にファナックがサービスを開始した「フィールドシステム」にあるといえるだろう。ファナックは同システムをIoTのプラットフォームと位置づけており、AI(人工知能)を活用することで、ネットワーク化した製造現場の様々なロボットや工作機械などを運用・管理する中枢機能を果たすという。

 10月に開かれた家電・ITの国内最大の見本市「CEATEC(シーテック)」にも初出展するなど、アピールを強化している。

外部と連携しつつ、中途組で戦力補強

 ファナックが考える製造業のIoT化についての説明はこうだ。①工作機械・ロボット・産業機械等が自ら学習し自立的に動く。②人が気付けない変化に気付く。③機械同士が協調する。④熟練者のスキルを学ぶ。これだけの機能を発揮できれば賢い工場の実現を力強くけん引するだろう。

 だが、ファナックはITシステムの開発会社ではない。そこでフィールドシステムの開始にあたり、米シスコシステムズやNTTグループなど内外の有力専門企業と提携した。引き続き、その都度、提携企業に実務の多くを委ねるという選択肢もあり得るが、ファナックは自社のIT部門強化を並行して進める方針のようだ。

 確かにIoT化はまだ始まったばかり。外部企業と提携するにせよ、継続的にシステム改善やサービス拡充などの開発作業をファナックが主導権を握って進めるのであれば、中途組による即効的な自社の戦力向上は重要な意義がある。

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「ファナックがIT人材を100人中途採用するワケ」の著者

寺井 伸太郎

寺井 伸太郎(てらい・しんたろう)

日経ビジネス記者

2002年、慶応義塾大学を卒業し、日本経済新聞社に入社。東京や名古屋での企業担当などを経て、直近は決算を取材する証券部。15年から現職

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長