• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日本で「Uber」のドライバーをやってみた

乗せる側に立って感じたこと

2015年11月10日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 先月、日本で「Uber(ウーバー)」のドライバーになるという稀有な体験をした。用意したのは、クルマとスマートフォンのみ。あとは、ウーバーのドライバー専用アプリをダウンロードしただけだ。

先月、筆者は「Uber(ウーバー)」のドライバーとなり、都内を走った(撮影:陶山勉、以下同)

 といっても、二種免許を持たず、国土交通省から営業許可も得ていない筆者が、お客を乗せ、代金をもらったら違法。「白タク」容疑で検挙されてしまう。あくまで合法的に、しかし、欧米や中国、インドなどで活躍する、100万人以上もいる一般のウーバードライバーの気分を味わうことに成功したのだ。

日本人がまだ知らぬウーバーの裏側

 「シリコンバレー出張で思い知った『Uber』の威力」という記事を、このコラム「記者の眼」で書いたのは今年7月のこと。

 日本でもウーバーの日本法人が昨年から営業を始めているが、実態は提携したハイヤー・タクシーの配車サービスにとどまっており、自家用車を持ち出した一般人ドライバーとお客をマッチングする、ウーバー本来のサービスは、残念ながら展開できていない。

 この手のサービスは実際に使ってみないとその良さが分からない。米国出張で使い倒した筆者は、「安い!便利!安心!」という率直な感想を前回の原稿にぶつけた。同じような思いを抱いた記者はほかにもいる(関連記事:「移動が面倒くさいインドで役立ったあのサービス」)。

 ただし、ウーバーが全世界で受け入れられているのは、何も利用者側だけにメリットがあるからではない。ドライバー側にも大きなメリットがあるからこそ、需給のマッチングが成立している。

 ドライバー側も経験してみたい。そんな思いを募らせていた折、何とも都合のいい募集があった。ウーバーが1日限定で、リサイクル可能な衣類を回収して東北に届けるというチャリティーイベントを開催。そのドライバーにならないか、というものだ。

コメント0

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「日本で「Uber」のドライバーをやってみた」の著者

井上理

井上理(いのうえ・おさむ)

日経ビジネス記者

1999年慶応義塾大学総合政策学部卒業、日経BPに入社。以来、ネット革命などIT業界やゲーム業界の動向を中心に取材。日本経済新聞への出向を経て2014年4月より日経ビジネスの電機・ITグループ

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長