• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ワタミの宅食、「飽きの壁」を破れるか

成功体験を捨てねば改革速度は上がらない

2015年11月17日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ワタミの宅食事業、壁を破れるか

 先日、ワタミの2015年4~9月期決算の記事を書いた。そこでは詳しく触れなかったが、ワタミの宅食事業が抱える問題について、再考したい。

 ワタミの宅食事業の歴史は、2008年に食材宅食サービスの会社を買収したことから始まった。2012年にブランドを刷新して、高齢者を顧客ターゲットにしたサービス「ワタミの宅食」を展開し始めた。

まごころさんが支えるワタミの宅食

 サービスの肝は配達するスタッフで、通称「まごころさん」だ。まごころさんとは、顧客一人ずつに付く担当者で、定期的に顧客の自宅などに訪問して弁当を届ける。まごころさんは、オレンジのエプロンを着けていて、弁当を入れるオレンジの箱が付いた自転車などで移動しているので、結構目立つ。筆者も近所で何回もまごころさんと遭遇している。

 ワタミによれば、同じまごころさんが定期的に届けることで、顧客に安心感を与えたり、高齢者の見守りにもつながったりしているという。

顧客に弁当を届けるワタミの「まごころさん」は、オレンジのエプロンを着けて訪問している

 宅食の弁当は夕食用として2種類、惣菜のみが2種類あり、日替わりだ。弁当の価格は1食当たり税込み498円と580円で、5日分を注文する仕組みになっている。2015年9月末で、1日当たり26万1000食と、業界のトップクラスだ。ここまでワタミが食数を伸ばしたのは、食材や味といった品質に加えて、まごころさんによるサービスが寄与した。

 では業績はどうか。ワタミ全体の2014年度の連結売上高は1553億1000万円、営業損益は20億7200万円の赤字だった。そのうち、宅食事業の売上高は394億8000万円、営業利益は19億1100万円の黒字となっている。

 外食事業(売上高602億7200万円)に比べれば規模は小さいが、稼ぎ頭の一つ。ところが、ここ数年の推移を見ると、2008年度から5期連続で増収を達成したものの、2014年度には前年実績を下回った。今年度の上期(4~9月)も、その傾向は続いている。売上高188億9000万円、営業損益5億7000万円で、前年実績(売上高201億7000万円、営業利益10億1000万円)を下回る。

コメント6

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「ワタミの宅食、「飽きの壁」を破れるか」の著者

河野 紀子

河野 紀子(こうの・のりこ)

日経ビジネス記者

日経メディカル、日経ドラッグインフォメーション編集を経て、2014年5月から日経ビジネス記者。流通業界(ドラッグストア、食品、外食など)を中心に取材を行う。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

本当の問題は労務費ではありません。 熟練技能を持つ職人さんが 少なくなっていることです。

押味 至一 鹿島社長