• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

パパが育休取っても迷惑なだけ?

北の大地で見つけた、仕事と家事を両立する方法

2015年11月24日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 最近、男性も育児休暇を取得しようとする動きがある。だが記者自身6月に父親になったものの、育休を取ろうという気になれない。新しい実証実験の取り組みをしている企業の事例から現実的な方法を探った。

 冒頭から個人的な話で恐縮だが、6月に長男が生まれた。平日はあまり会えないが、元気に育ってくれているのでありがたい。

 自分が父親になって気になるのが育児休暇。最近では男性にも取得を促す動きがある。厚生労働省によると男性の2014年度の育児休暇取得率は2.3%。昨年度(2.03%)よりわずかに多いがほぼ横ばい。女性の86.6%と比べると大きな差がある。イクメンという呼び名の下に、企業も男性に育休取得を推奨している。

 だがなかなか実行に移しづらい。

育休中は失業扱い

 記者の場合、これまで家事に積極的ではなかったので役に立てるか自信がないというのもあるが、現実的な問題として育休を取得すると収入が減ってしまう。育児休業給付金について調べてみると、前年の収入の3分の2が支給される、とある。だが上限があり、単純に昨年分の給与の3分の2ではない。上限は月額28万5621円(180日まで)。社会保険料などが免除されるものの、収入が減る会社員が多いという。

 所管する厚生労働省雇用保険課に聞いてみると「法律上は雇用保険の制度が柱になり、失業で無収入状態を助けるもの。一般的な平均年収のサラリーマン世帯が取得すると収入は減るが、法律の趣旨からするとやむを得ない」との回答が返ってきた。つまり収入がゼロになることを防ぐもので、失業保険の一つだという。

 だが家やクルマのローンの返済金額は普段の給料を基に設計している。しかも給付金は申請のタイミングによっては数カ月先にまとめての振り込みとなる。それなりの備えがないと、なかなか踏み切れないのが実情だろう。

 大手企業の中には手厚い支援をする企業もあるだろうが、大半のサラリーマンにとっては大きな問題。一家の大黒柱の収入が減るのを覚悟しないと育休を取得できないとなれば、決断しづらい。

コメント3件コメント/レビュー

もうすぐ初めての子が生まれるので、約1年先に1・2か月程度育休を取得することを希望中です。が、実態としては、なかなか職場内の調整とかも難しい感じですね。それに、妻と交代で1歳過ぎてから取得と思っても、パパママ育休プラスを使っても、1歳2か月までしか給付金なし。子どもの年齢だけで受給の有無が変わるって、子どもの成長や仕事の都合、ライフスタイルに応じた働き方を逆に縛られてしまう。どこに声をあげたらいいものやら・・・(2015/11/26 00:10)

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「パパが育休取っても迷惑なだけ?」の著者

西 雄大

西 雄大(にし・たけひろ)

日経ビジネス記者

2002年同志社大学経済学部卒業。同年、日経BP社に入社。日経情報ストラテジー、日本経済新聞社出向、日経コンピュータ編集部を経て、2013年1月から日経ビジネス編集部記者。電機、ネットなどを担当する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

もうすぐ初めての子が生まれるので、約1年先に1・2か月程度育休を取得することを希望中です。が、実態としては、なかなか職場内の調整とかも難しい感じですね。それに、妻と交代で1歳過ぎてから取得と思っても、パパママ育休プラスを使っても、1歳2か月までしか給付金なし。子どもの年齢だけで受給の有無が変わるって、子どもの成長や仕事の都合、ライフスタイルに応じた働き方を逆に縛られてしまう。どこに声をあげたらいいものやら・・・(2015/11/26 00:10)

今年初めに双子出産に際して数ヶ月の育児休業を取得したオッサンです。
記事の1ページにある、『給付金は申請のタイミングによっては数カ月先にまとめての振り込みとなる』は、事前に掴みにくいけど重要な情報ですね。章見出しにでもしてくださいな(笑)。

また、『一家の大黒柱の収入が減るのを覚悟しないと育休を取得できないとなれば、決断しづらい』は、本記事タイトルの『パパが育休取っても迷惑なだけ?』に通じる問題です(出産しない側:夫の)育児休業の取得は、一家の収入減のトリガーを引くことなので、妻からはハッキリとは言わない(遠回しに嫌味は言うだろうけど)だろうな、と。(2015/11/25 11:10)

産休はまだしも、育休に関しては懐疑的に見ている。完全に休職するのは男性には特に抵抗があるだろうし、こういう制度は会社にとっても本人にとってもメリットは少ないと思う。ゆくゆくは退職するつもりの専業主婦(夫)希望ならまだしも。
それよりは仕事と家事育児を両立しやすい環境づくりのほうがよほど大事。定時であがるのが当然で、急な休みもとりやすい、家で仕事ができるようなインフラが整備されてる、会社に託児所・保育園がある、そういうのがあるほうがうれしい。(2015/11/24 11:41)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長