• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

世界一のホテルと川崎「下町ロケット」の共通点

「善い会社」の定義は社員を大切にする会社

2015年11月24日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 年末が近づいてくると、なぜかこの1年を振り返りたくなる。2015年は筆者にとって、「善い会社とは何か」を改めて考える良い機会になった。

 きっかけは、2015年2月9日号の特集で「善い会社 2015年版 いま必要とされる100社ランキング」を担当したこと。その時は特集班で議論し、「『善い』会社とは、単に業績が『良い』だけでなく、社会に広く貢献する会社」と定義付けていた。その後、本特集とは全く関係のない取材をする時も、「この会社は善い会社か」を考え続けた。そして今は、当時とは少し違う「善い会社の定義」を持つようになった。

仲間のありがたさを感じられるポイント制度

 具体的な事例を見ていこう。11月19日(この原稿を書いている日の前日)に取材した会社、米マリオット・インターナショナルだ。オランダから来た改善コンサルタント軍団が、東京マリオットホテルの顧客満足度を上げる取り組みについて学ぶというので、同行取材させてもらった。取り組みの内容は改めて別の記事で紹介するが、その取材で興味深かったのが、プレゼンテーションを担当したホテル社員2人の生き生きとした表情だった。

左から、東京マリオットホテルでセールスエグゼクティブを務める山口英基氏、副総支配人の篠原純氏。プレゼンテーションの後、オランダのコンサルタントたちから感謝のプレゼントを受け取っていた

 プレゼンテーションでは、副総支配人の篠原純氏が取り組みの全体像を紹介。セールスエグゼクティブの山口英基氏が、自身の体験談などを交えて具体事例について話した。印象的だったのは、2人のプレゼンテーションから、ホテルや一緒に働く同僚への愛情がひしひしと伝わってきたことだった。

 「なぜそんなに自分の会社が好きなんだろう」。そんな疑問を漠然と抱えていると、山口氏はプレゼンテーションの中でこんなことを(英語で)話し始めた。

 「この会社では、たくさんの成長の機会が与えられます。例えば、私は先日、英語の勉強をがんばってテストで良い結果を出しました。すると、会社から5ポイントが付与されました。5ポイントは5000円の価値があって、当ホテルの中でなら自由に使えます」

 「ワオ、ナイス!」。オランダの人たちからそんな感想が漏れると、山口氏も篠原氏も誇らしげな表情を浮かべていた。

 この制度は一見すると、「よくある社員向けポイント制度」とも受け取れる。だが、そこには会社の深い意図があるように感じた。

コメント2件コメント/レビュー

「モノ言う株主」という言葉とともに日本でもにわかに増殖した「株主しか見ない経営」は、すくなくともここ日本においては、失敗であることが明らかになっている。
世界を相手にし経営陣も多国籍な巨大企業には合わないかもしれないが、おおくの日本企業においては社員のモチベーションや技術力のUPは「大家族的経営」が向いているのだろう。
働いているのは(その大多数が)「日本人」なのだから。(2015/11/26 16:07)

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「世界一のホテルと川崎「下町ロケット」の共通点」の著者

池松 由香

池松 由香(いけまつ・ゆか)

日経ビジネス記者

北米毎日新聞社(米国サンフランシスコ)で5年間、記者を務めた後、帰国。日経E-BIZ、日経ベンチャー(現・日経トップリーダー)、日経ものづくりの記者を経て、2014年10月から日経ビジネス記者。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「モノ言う株主」という言葉とともに日本でもにわかに増殖した「株主しか見ない経営」は、すくなくともここ日本においては、失敗であることが明らかになっている。
世界を相手にし経営陣も多国籍な巨大企業には合わないかもしれないが、おおくの日本企業においては社員のモチベーションや技術力のUPは「大家族的経営」が向いているのだろう。
働いているのは(その大多数が)「日本人」なのだから。(2015/11/26 16:07)

「善い会社」と表現された処がにくい。真・善・美に囲まれた世情でない昨今だけに新鮮なのかもしれない。基はと言えば社員が先か、顧客が先か、地域貢献が先かを常日頃念頭に置いている会社と言ってもいい。経営があるから、この経済状況の中で― だったり、事実かもしれないが時に偽りの尾ひれがついて、グローバル世界の、グローバル化の中で等様々な御託並べが横溢している。経営は、陶芸における土と火を見つめるだけの中から誕生する名品のように行かないものらしいが、御託や愚痴の表裏に見え隠れするのが嘘、偽り、偽装に、利益の蓄積だけとは情けない。職業における倫理以前に会社(経営)における倫理というものが凛として備わっていなければお世辞にも善い会社と言えないのではなかろうか。社員を大切にすると、社員も会社を大切にするとの小見出しに、先人が辿った道筋にチリゴミが見当たらければ誰がその地(点)を汚すか、さる偉人の自ら会社のトイレ掃除を率先垂範実行の弁だ。昨今、率先垂範も履き違えられて安売りに次ぐ大安売りの観、これみよがしはいただけない。その御仁に相応の分もある。やってみせる事が真であっても善でないことも学んで欲しい。(2015/11/24 07:15)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長