• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

小泉進次郎が若手アスリートに託した言葉

東京五輪に向けて平等主義を捨てた日本陸連

2015年12月7日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ブラジル・リオデジャネイロで開催されるオリンピックまで残り8カ月となった(開催期間は2016年8月5~21日)。続く2020年には東京で2度目のオリンピックが開かれる。自国開催の五輪だけに各競技団体は選手育成に力が入るが、日本陸上競技連盟は思い切った手を打っている。それが「ダイヤモンドアスリートプログラム」だ。2020年の東京五輪で活躍が期待される若手アスリートを早期に選抜し、重点的に強化育成する。従来の平等主義から脱し、リアリズム(現実主義)に徹してトップアスリートを生みだそうとしている。その取り組みは、企業における人材育成にも参考となるものだ。

お揃いの黄色いユニホームに身を包んだダイヤモンドアスリートたち。中央が小泉進次郎氏、同左が為末大氏(東京マラソン財団スポーツレガシー事業運営委員)、同右が山崎一彦氏(日本陸上競技連盟の強化委員会副委員長)(写真提供:日本陸上競技連盟/フォート・キシモト、以下同)

 11月23日、味の素ナショナルトレーニングセンター(東京都北区)には数十人の報道陣が集まった。メディアの注目は「ダイヤモンドアスリート」と呼ぶ若い陸上選手に、衆院議員の小泉進次郎氏が何を語るかだった。自民党の農林部会長を務める小泉氏が、なぜ陸上選手に話をすることになったのか。その理由を語るには、ダイヤモンドアスリートが何たるかを説明する必要がある。

 ダイヤモンドアスリートとは、19歳以下の陸上選手の中から2020年の東京五輪で活躍できると期待されて選ばれたエリート競技者だ。日本陸上競技連盟が2015年1月に11人を任命し、11月22日には2人追加して13人となった(ダイヤモンドアスリートプログラムの詳細はこちら)。

 その1人が、サニブラウン・ハキーム選手(城西大付属城西高等学校)だ。父がガーナ人で母が日本人のハーフで、今年7月の世界ユース選手権で100メートル、200メートルで二冠を達成した。特に200メートルは2003年にウサイン・ボルト選手(ジャマイカ)が出した世界記録を更新する20秒34を記録した。日本の陸上界で今、最も注目されている若手選手の1人だ。

 活躍が期待できるのはサニブラウン選手だけではない。男子三段跳びで日本記録保持者の山下訓史氏を父に持つ、山下潤選手(福島高等学校)は200メートルや三段跳びの選手。女性アスリートでも、投てきの北口榛花選手(旭川東高等学校)など3人が選ばれている。

 こうした若いアスリートは、東京五輪だけでなく目前に迫るリオ五輪でも好記録が期待できる。陸連が強化選手に指定するのは当然と言えるが、その強化の仕方が非常に多面的なのだ。通常のトレーニングや海外での大会のサポートはもちろんのこと、メンタルトレーニングや栄養面でも専門家が支援する。また、海外の大会で実力を発揮しやすいように英語の研修も組み込まれている。これは優勝した際に、海外メディアから取材を受けることを想定しているという。

コメント3

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「小泉進次郎が若手アスリートに託した言葉」の著者

坂田 亮太郎

坂田 亮太郎(さかた・りょうたろう)

日経ビジネス副編集長

東京工業大学大学院修了後、98年日経BP入社。「日経バイオテク」「日経ビジネス」を経て2009年から中国赴任。北京支局長、上海支局長を経て2014年4月から日経ビジネスに復帰

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員