• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「衆参同日選が有力」は本当か?

「安倍首相ならやりかねない」浮足立つ永田町

2015年12月11日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

来年夏の参院選に合わせて衆院解散を行う衆参同日選論が永田町を駆け巡っている。師走に吹き寄せる解散風に与野党はざわめくが、思惑先行の感は否めない。現時点で安倍晋三首相が同日選に照準を絞ったとの見立ては尚早だろう。

 税制改正や予算案の編成作業が佳境を迎え、慌ただしさを増す師走の永田町。この政治スポットが今、一段とざわついている。「来年夏の参院選に合わせて安倍晋三首相が衆院の解散に踏み切るのではないか」との衆参同日選論がまことしやかに流れているからだ。

「これは本当かもしれない」

写真:Natsuki Sakai/アフロ

 かねてささやかれていたダブル選論が一気に広がりを見せたのは、自民党幹部の発言が相次いだのがきっかけだ。佐藤勉国会対策委員長が11月末に秋田県の自民党議員の会合で「甘く見ないで。来年ダブル選挙があるかもしれない」と言及。谷垣禎一幹事長も「色々な可能性がある」と含みを持たせたことで、にわかに「これは本当かもしれない」との見方が広がったのだ。

 こうした動きに強い不快感を示すのが連立パートナーの公明党だ。強い組織力が最大の持ち味の公明だが、同日選では力が分散しかねないと危惧しているためだ。

 公明の山口那津男代表は同日選について「いっぺんに衆参の多数派が入れ替わるリスクがあり、政権の不安定化を招きかねない」と指摘。さらに「選挙協力にまわるエネルギーが非常に制約される。与党にとって選挙協力の点から言って決して得ではない」と自民側をけん制する。

 「まったく考えていない」。安倍首相はその後、同日選をきっぱりと否定して見せた。だが、昨年11月にサプライズ解散に打って出た安倍首相だけに、与野党問わず「安倍首相ならやりかねない」との警戒感が渦巻いている。

コメント4件コメント/レビュー

同日選で良く記事書くなあ?
安倍は自分が総理が最も長く出来るということしか考えていないとみている私からすると切り口が違っていると思う。
詐欺はやっぱり詐欺に落ち着いたアベノミクスト増税をやって支持が上がるということはありえないわけでグルに出来る起業も使える税金の余力から限られるわけでどこまで悪に徹して国民を踏みにじれるかという道筋が良い人に変わる分岐点などあるはずもない。(2015/12/14 14:36)

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「「衆参同日選が有力」は本当か?」の著者

安藤 毅

安藤 毅(あんどう・たけし)

日経ビジネス編集委員

日本経済新聞社で経済部、政治部などを経て2010年4月から日経ビジネス記者。2012年4月から現職。政治、経済政策を中心に執筆している。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

同日選で良く記事書くなあ?
安倍は自分が総理が最も長く出来るということしか考えていないとみている私からすると切り口が違っていると思う。
詐欺はやっぱり詐欺に落ち着いたアベノミクスト増税をやって支持が上がるということはありえないわけでグルに出来る起業も使える税金の余力から限られるわけでどこまで悪に徹して国民を踏みにじれるかという道筋が良い人に変わる分岐点などあるはずもない。(2015/12/14 14:36)

どの首相であっても同日選が有利なら選ぶことでしょう?誰も止められませんから。結果も自身で引き受けますしね。今から有るの無いのと言うよりは、何時あっても良いように準備しておけばいいだけ。特に野党は。(2015/12/14 12:00)

自民党を負けさせたい時はちゃんと投票率が上がります。つまり低投票率の時は負けさせたいと云う認識が無い時で、無言の同意を得ているとお考えになれば宜しいかと。そんな選挙で選ばれた政治家に意味が無いのなら、憲法改正を主張しましょう。(2015/12/14 11:55)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長