• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

アマゾンの即配、本命は「無料の2時間配送」

1時間配送が話題の「プライム ナウ」を試した

2015年12月15日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

プライム ナウのアプリ画面。冷えた酒を頼むこともできる。

 アマゾン・ジャパンが11月に始めた即日配送「プライム ナウ」。年間費3900円を支払っているプライム会員であれば、配送料890円を追加で支払うことで、1時間以内に注文した商品を届けてもらえるサービスだ。

 サービスが始まった翌日、早速プライム ナウを使ってみた。

 まず必要なのが、専用アプリのダウンロード。次に郵便番号を入れる。プライム ナウの対象地域は東京都世田谷区や目黒区、大田区、港区など一部地域のみ。筆者の自宅は対応していないので、港区にある会社の住所を使って注文することにした。


ペンネ、焼きそばなどを「会社の下へ」

 プライム ナウで注文できるのは、1万8000点。食品や日用品はもちろん、家電も頼める。見逃せないのが冷えたビールや納豆などのチルド品やアイスなどの冷凍食品。アマゾン本体としては初めてこうした冷蔵・冷凍食品を取り扱う。

 プライム ナウを利用するには、合計金額が2500円を超えなければいけない。「1万8000点もあるなら欲しいものがいっぱいあるに違いない」と意気揚々と商品リストを見た。確かに、ビールなどは種類も豊富だが、菓子はコンビニエンスストアなどではあまり見かけないものも多い。

 正直、「なんか不思議な品ぞろえ。そんなに欲しいものがないなあ」と思いながらペンネ、ポテトチップス、焼きそば、アイスなどを選び、19時17分、発注した。その際、アプリを使ってドライバーにメッセージを残した。

 「会社の下で受け取ります」

 アマゾン プライムでは、こうした細かい指定もできる。確実に受け取れるよう指示すれば、公園やカフェなども受け取り場所になる。

コメント5

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「アマゾンの即配、本命は「無料の2時間配送」」の著者

中 尚子

中 尚子(なか・しょうこ)

日経ビジネス記者

日本経済新聞入社後、証券部で食品やガラス、タイヤ、日用品などを担当。財務や法務、株式市場について取材してきた。2013年4月から日経ビジネス記者に。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

全体の2~3割の人でも理解し、動き出してくれれば、会社は急速に変わります。

中村 克己 元ルノー副社長、前カルソニックカンセイ会長