• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ゼンリン、「災害時にはこの住宅地図を使って」

防災と地図は切っても切れない仲(2)

2017年1月27日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

地図の最大手ゼンリン。後編は同社が現在行っている各地方自治体との地図協定だ。本稿前編でも述べたが、有事の際、地図は必須のアイテムとなる。ただ、いつ起こるかわからない災害のために日頃から備えておくのはなかなか難しい。であればこちらから仕掛けましょう、とゼンリンは動き出した。その取り組みについてお伝えする。

 ”防災の鬼”渡辺実氏は次のように語る。

「ゼンリン住宅地図の実物を見るとわかるけど、地図上に住宅など建物の形に加え、各家に住んでいる人の名前(名字)まで書き込まれています。これはゼンリンのスタッフが足で歩いて、表札を見て作っている。だから表札で公開されている個人情報を基にして名字を記載しています。こうした詳細な住宅地図を国民が自由に入手にできる国はありません。紛争地帯などに行くと、住宅地図などもってほのか、そんなもの民間が作ることはあり得ません。まさに地図は平和の象徴なのです」(渡辺氏)

 実はゼンリンの歴史も、そうした思いに貫かれている。1948年創業のゼンリン。社名は隣国や近隣と親しくすることを意味する「善隣友好」に由来する。社名には創業者の「平和でなければ地図作りはできない」という思いが込められているのだ。

 思いは日々形にされている。現在同社は全国の自治体と災害時支援協定を結ぶ取り組みを遂行中だ。

「協定内容の1つが『地図の備蓄』です。全国に1700以上ある地方自治体と協定を結んで、有事の際に必要となる地域の住宅地図5セットを箱におさめて備蓄してもらうのです。他にも通常使用が可能な広域地図5枚と、インターネット住宅閲覧サービスのIDもおつけします。『災害時支援協定』として、現在順次各自治体と協定の輪を広げています」(ゼンリン 上席執行役員 第一事業本部長の山本勝氏)

 東日本大震災を教訓に2013年に始まった『災害時支援協定』は現在299自治体(2016年12月末現在)にまで広がっている。

 ゼンリンのスタッフが全国の自治体を1つずつ訪ね、協定の意義について説明、趣旨に賛同してくれた自治体に住宅地図などを無償貸与するのだ。

 ただし、ここで終わらないのがゼンリンのすごいところ。貸与した住宅地図は最新版が発行されれば取り替え続けるのだという。これをゼンリンは無償で行っている。

「東日本大震災で、地図は発災のその日、その瞬間に必要になるというのを学びました。ところが手元にない自治体が多かった。そうしたところから、少ないけれども、最新の地図を常にストックしてください、という“地図備蓄の協定”を始めたわけです」(山本氏)

コメント6件コメント/レビュー

(完全に個人的な話ですが)

15年ほど前、
就活でゼンリン様の説明会に参加した際、
学生を受け入れる態勢があまりにも整っておらず、
不快な思いをした経験があります。

それ以来、素晴らしい企業であると承知しつつ、
人を大切にしないというイメージが
拭いきれておりません。

その後、改善なさっているのか、
ご存知の方がいらっしゃいましたら御教示願います。
(良い印象に改めたいのです)(2017/01/31 22:16)

「渡辺実のぶらり防災・危機管理」のバックナンバー

一覧

「ゼンリン、「災害時にはこの住宅地図を使って」」の著者

渡辺 実

渡辺 実(わたなべ・みのる)

防災・危機管理ジャーナリスト

株式会社まちづくり計画研究所代表取締役所長、日本災害情報学会理事、NPO法人日本災害情報サポートネットワーク理事長。国内外の災害現場からジャーナリスティックな提言を行う。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

(完全に個人的な話ですが)

15年ほど前、
就活でゼンリン様の説明会に参加した際、
学生を受け入れる態勢があまりにも整っておらず、
不快な思いをした経験があります。

それ以来、素晴らしい企業であると承知しつつ、
人を大切にしないというイメージが
拭いきれておりません。

その後、改善なさっているのか、
ご存知の方がいらっしゃいましたら御教示願います。
(良い印象に改めたいのです)(2017/01/31 22:16)

ゼンリンは本社が北九州市にありますが、実にこまめに確実に地図を作り続けて来た会社です。ある意味法務局の登記簿の地籍簿より正確だし使い勝手は抜群にいいです。災害王国日本にとって無くてはならない会社だと思います。たまに社員らしき人が調査をしているのを見かけます。グーグルは表札にモザイクかけています。若干後ろめたいと感じているのでしょうか?。ゼンリン地図は特に地震や津波の際には有効に活用してほしいです。本来なら自治体がしなければならない仕事を代わってしているようなものです。小生もかつては市場調査でよく利用させてもらいました。戸別訪問等するときとても便利です。政治家も選挙の時使っています。(2017/01/27 21:42)

表札が常に合っているとは限らない。表札があっても空き家だったり、表札に住人の名前を載せない家もたくさんある。よって住民基本台帳を都市計画図と突き合わせる必要があるが、この二つは通常担当課が違う。こう書くと「タテ割り行政の弊害ガー」と騒ぐ人がいるが、普段は必要ない、課を横断する人材をコストカットの名目でなくせと主張してきたのはこういう人たちだ。またこの事業をゼンリンは請け負ってくれないようだ。自治体によって千差万別のフォーマットをすり合わせ、不正なデータを一つづつ修正する作業はゼンリンの守備範囲ではないのだから当然と言えば当然だ。しかしこの作業まで踏み込まない限り、乗り気にならない自治体も多いと思う。なぜならより正確なデータを自治体が持っているにも関わらず、あえてゼンリンの簡易的なツールで済ますことに対する責任が発生するからだ。(2017/01/27 14:00)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長