• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

被災者目線を第一優先、災害情報はこう届ける

ローカル被災局へ指南

2016年4月25日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

本震で崩壊した熊本大神宮

 2016年4月14日午後9時26分。熊本県を震源とする最大震度7、マグニチュード(M)6.5の地震が起こった。しかも、これはその後に連なる大規模震災の予兆。午後10時7分には最大震度6弱、M5.8の地震が発生。熊本県益城町などに甚大な被害をもたらした。テレビ・ラジオではさかんに「余震に注意してください」とのアナウンスが流れた。しかし、さらに次に襲ったのは余震ではなかった。16日午前1時25分。最大震度7、M7.3が熊本県嘉島町を直撃したのだ。気象庁はこちらが本震であることを発表した。最初の震度7を上回る地震が起きたことからこれが「本震」になり最初の本震が「前震」となる。さらに観測史上はじめて震度7の地震が続いて起きた。これはまさに想定外の現象だったのである。

 今回の熊本の地震に関して、“防災の鬼”渡辺実の動きは早かった。15日の午前には羽田空港に向かい、同日の午後2時半過ぎには熊本空港に降り立っていた。

「14日最初の震度7が起きた直後に熊本県民テレビ(KKT)の報道の知り合いへ電話をいれました。KKT報道は大混乱だったので、15日以降の航空券もホテルもこちらで手配するから熊本入りスケジュールが決まったら再度連絡する、と電話を切りました。そしてネットキー局の日本テレビ報道へ熊本入りする旨を連絡し、日本テレビからもKKTへ連絡を入れてもらい、KKTの拘束で支援することになったのです。

 実は、3年前の2013年8月にKKT防災報道特番を一緒に制作した縁があり、まっさきにKKT報道へ電話をいれたのです。支援体制が決まった後に、この特番を制作した当時のKKT報道局長と電話がつながり、彼もこの特番が生きていればいいのだが、ぜひ支援をお願いしたい、と大変に心配していました」

 15日の熊本空港は離発着が可能で、羽田~熊本便は全便満席、臨時便も満席状態。熊本空港につくと報道陣やキャンセル待ちの人々でてんやわんやの状態だった。その後、16日の本震で熊本空港は空港ビルの被害や管制システムの障害が生じ、閉鎖になっている。

「まず困ったのが、移動ですね。熊本空港からKKTが指示した被災現場の中継ポイントまで行けない。移動はタクシーに頼るしかないんだけど、空港のタクシー乗り場は長蛇の列。がなかなかタクシーが来ない、どこのタクシー会社も手一杯。どうも全国の報道関係者が押さえている状態です。それでも1時間待ってなんとかタクシーを確保して、まずは日本テレビの夕方のニュースに出演するために、益城町近くの中継現場に向かったわけです」

一時帰京して各メディアの取材を受ける“防災の鬼”

コメント3

「渡辺実のぶらり防災・危機管理」のバックナンバー

一覧

「被災者目線を第一優先、災害情報はこう届ける」の著者

渡辺 実

渡辺 実(わたなべ・みのる)

防災・危機管理ジャーナリスト

株式会社まちづくり計画研究所代表取締役所長、日本災害情報学会理事、NPO法人日本災害情報サポートネットワーク理事長。国内外の災害現場からジャーナリスティックな提言を行う。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

ドイツ企業は協調と競争の使い分けに長けている。

ビル・マクダーモット SAP CEO(最高経営責任者)