• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

車は災害時の秘密兵器、新しいカーライフを体験

三菱自動車が問うPHEVのある生活(前編)

2017年6月15日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

現代生活と電気は切っても切れない関係だ。電気の安定供給という面で、日本は世界でもトップクラスの実力を持っている。その一方で「災害と停電」が切っても切れない間柄であることも事実。日本中で原発再開の是非が問われる今、電気のある生活について改めて見直していく必要がありそうだ。そこでカギとなりそうなキーワードが「V2H」。でも「V2H」とは何なのか?“防災の鬼”渡辺実氏が迫る。

取材で訪れた関東三菱自動車販売の次世代店舗「電動 DRIVE STATION」

 “謎”の「V2H」の実態を調べるべく、今回お邪魔したのは三菱自動車の販売会社である関東三菱自動車販売の世田谷店。実はこの店舗、昨年10月に次世代店舗「電動 DRIVE STATION」として生まれ変わっている。

 マイカーで乗り付けた“防災の鬼”渡辺実氏。車から降り立ってまずひとこと。

「(乗ってきた車が)ホンダ車でごめんね」

 迎えてくれたのは三菱自動車国内営業本部国内企画部部長付の小野勉氏だ。

「どうぞどうぞ、どこのメーカーだろうと構いませんよ。そのかわり、三菱自動車のことも好きになって下さね(笑い)」

 こちらの電動 DRIVE STATIONは最新の「V2H」を体験できる店舗だ。賢明なる“ぶら防”読者であれば「V2H」が何たるかはご存知だとは思うが、念のため簡単な説明を渡辺氏にお願いした。

「『V2H』とは、『Vehicle to Home』の略です。つまり直訳すると『車』から『家』へ。これからの車は走るだけが仕事じゃない。電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車は発電機やバッテリーを積んでいるけど、災害時にはこれらを被災生活のために役立たせようという試みです。そこで私がもっとも注目しているのが三菱自動車の『アウトランダーPHEV』なのです」

 自然災害などで停電が起こり、家庭で電気が使えなくなった場合でも、「V2H」の仕組みさえととのっていれば慌てることはない。しかし、まだまだ普及しているとはいい難い状況だ。

「2016年4月に発生した熊本地震では実に48万世帯が停電しました。九州電力給電グループは3600人体勢で復旧にあたり、さらに沖縄から北海道まで全国の9電力会社からも応援が駆けつけた。おかげで完全復旧したのは5日後。『そんなにかかったのか』と思われる方もいるかもしれないけれど、世界的にみたらこのスピードは驚異的です。それだけ日本の電力会社の災害復旧力や技術力は高い」(渡辺氏)

 ちなみに年間の停電時間は1世帯あたり、イギリスが約60分、フランスが約80分、アメリカのカリフォルニア州が約130分なのに対して日本は20分だ。こうしたデータからも分かる通り、日本の電気事情は飛び抜けて優秀なのである。

 とはいえもちろん完璧ではない。電気の絶え間ない供給を可能にする有効なシステムが「V2H」なのである。

コメント7件コメント/レビュー

要するに縁日の夜店が使うようなガソリン駆動の発電機があれば良いという事ですね。
別に普通の車と別に発電機があれば事足りるし、安く済むわけですから。
車が家になくても発電機さえあれば良いし。太陽光発電と蓄電池と発電機があれば車も不要だし。
この車の価格が普通のガソリン車と同じであれば購入すると言う選択肢もあると思いますが。(2017/06/16 08:28)

「渡辺実のぶらり防災・危機管理」のバックナンバー

一覧

「車は災害時の秘密兵器、新しいカーライフを体験」の著者

渡辺 実

渡辺 実(わたなべ・みのる)

防災・危機管理ジャーナリスト

株式会社まちづくり計画研究所代表取締役所長、日本災害情報学会理事、NPO法人日本災害情報サポートネットワーク理事長。国内外の災害現場からジャーナリスティックな提言を行う。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

要するに縁日の夜店が使うようなガソリン駆動の発電機があれば良いという事ですね。
別に普通の車と別に発電機があれば事足りるし、安く済むわけですから。
車が家になくても発電機さえあれば良いし。太陽光発電と蓄電池と発電機があれば車も不要だし。
この車の価格が普通のガソリン車と同じであれば購入すると言う選択肢もあると思いますが。(2017/06/16 08:28)

 私は阪神淡路大震災の後から、非常用発電機について考えてきました。 非常用に発電機を用意しておいても、使用しないでいると、必要な時に稼働できないことにもなります。
 そこで、車を発電機として利用することを考えました。 しかしながら、ガソリン車やディーゼル車を使用したのでは、排ガスが問題となります。 燃料電池車ならば排ガスを気にせず稼働させることができるのです。
 また、大きな観点としては、温暖化防止だけでなく、中東産油国等、一部の資源国に頼らず、価格や供給を安定化できます。 それは、日本にとっては国際収支の改善にもつながるのです。
 PHEVやPHVもFCVへの過渡期の技術としては評価できますが、究極の技術は水素エネルギーによるFCVであるべきだと主張してきました。
 水素スタンドの問題はありますが、ホンダの開発した廉価な水素スタンドや、各家庭にも設置できるソーラー水素製造装置を普及させれば達成可能です。 車を持っていても、普段、使用しない人が増えています。 そうした方にも車を持つ意味ができ、車の販売増も期待できるでしょう。(2017/06/15 19:58)

続き
PHVに充電すればガソリンが要らないと言う話も一面的すぎます。それなら電気だけで、走れるEVの方が相応しい訳で、重いエンジンとバッテリーの両方を短距離の移動の電欠不安の為にだけ常に持ち運ぶのでは電力消費の効率もガソリン燃費も、共に悪化させるだけです。皆が皆そんな非効率なエネルギーの使い方をしていたら電力もガソリンも無駄な資源が消費されてしまい、そんな暮らしが環境に良い訳がありません。

以上いつもは切れ味鋭い防災の鬼が今回に限ってはアウトランダーのPRに終始していたのが不自然に感じました。(2017/06/15 11:16)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授