• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日本初、熊本の避難所がトレーラーハウスを導入

益城町が取り組んだ被災者支援の新しいチャレンジ!

2016年6月28日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

地震から2カ月経った益城町

 熊本地震でもっとも大きな被害を受けた熊本県上益城郡益城町。熊本県内の全壊・半壊家屋は6月中旬の段階で3万500棟。そのうち約15%の4500棟が益城町に集中している。死者20人も突出して多い。

 4月からこれまで幾度も現地を訪れている“防災の鬼”渡辺実氏はこう言う。「地震から2カ月経った今も町内を歩くと地震の傷跡は全く癒えていない。益城町はあの日から時間が止まっている。完全復帰まではまだ長い年月が掛かりそうだ」。

 そんな益城町が大きな決断をした。被災者の福祉避難所としてトレーラーハウスの利用を公式に認めたのだ。「自治体が公式にトレーラーハウスの利用に乗り出したのは日本初です」と渡辺氏も頬をゆるませる。その現場を緊急リポートした。

 今回の地震で全国的に注目を集めることになった熊本県益城郡益城町。町に古くから暮らす50歳代の男性はこう嘆く。

「こんな形で有名になってしまって正直戸惑っていますよ。地震前までは県外の人は“ましき”の読み方さえ知らない人も多かったくらいだ。注目されて復興が早まるのなら大歓迎だが、そんな簡単なものでもないような気がする」

 震災後は毎日のように新聞やテレビのニュースに登場し、今や益城町のことを多くの日本人が知るようになった。

 ところがこの地で問題になっている被災住民の悲惨な生活は、時間の経過とともにメディアからどんどん消えいっている。想像以上のスピードで風化しているのだ。実際は、震災から2カ月以上が経過した今も、6000人以上の住民が避難生活を余儀なくされており、車内泊を続ける人も多数にのぼる。エコノミー症候群や孤立からくる心身症など、二次被害、三次被害への手立ては待ったなしの状況だ。

「そうした状況下にある益城町が英断を下したんですよ。福祉避難所として、トレーラーハウスの導入を公式に認めたのです」(渡辺氏)

 福祉避難所とは妊産婦や介護の必要な高齢者、障害者など一般の避難所では生活に支障が出てしまう方々を対象にしたもの。今回、益城町はこの福祉避難所にトレーラーハウスを採用した。以前から被災地でのトレーラーハウスの利用を提唱してきた渡辺実も喜びを隠せない。

「知らせを聞いたときは思わず関係各所に連絡をして“ついにやったな”とたたえました」(渡辺氏)

 タレントの清水国明氏などが運営する「レスキューRV(レクリエーショナル・ビークル)パーク」や日本トレーラーハウス協会といった団体が中心となり、5月の下旬から益城町内にあるグランメッセ熊本の駐車場に次々とトレーラーハウスが運び込まれた(「緊急支援にトレーラーハウスが被災地熊本へ!」、「トレーラーハウスの活用で避難生活は激変する!」参照)。

コメント1件コメント/レビュー

プライバシーの確保が困難な避難所だけではなく、このようなトレーラーハウスを使用した
避難所は素晴らしいと思います。すべての人たちを避難所から移す事は難しいでしょうが
避難所から移る人も出ることで避難所も一人当たりの面積が広くなるので、簡単な仕切りをして
プライバシーを確保出来る様になると思います。(2016/08/18 15:50)

「渡辺実のぶらり防災・危機管理」のバックナンバー

一覧

「日本初、熊本の避難所がトレーラーハウスを導入」の著者

渡辺 実

渡辺 実(わたなべ・みのる)

防災・危機管理ジャーナリスト

株式会社まちづくり計画研究所代表取締役所長、日本災害情報学会理事、NPO法人日本災害情報サポートネットワーク理事長。国内外の災害現場からジャーナリスティックな提言を行う。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

プライバシーの確保が困難な避難所だけではなく、このようなトレーラーハウスを使用した
避難所は素晴らしいと思います。すべての人たちを避難所から移す事は難しいでしょうが
避難所から移る人も出ることで避難所も一人当たりの面積が広くなるので、簡単な仕切りをして
プライバシーを確保出来る様になると思います。(2016/08/18 15:50)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

すきま時間を活用できることに気づいた消費者は、時間価値をかつてないほど意識している。

松岡 真宏 フロンティア・マネジメント代表