• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

江戸期は空前の中国ブーム、『三国志』が大流行

明治大学法学部・加藤 徹 教授に聞く【後編】

2016年3月9日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

【前編】から続く

【前編】では中国人が日本のアニメに心惹かれる理由や、中国人の本音と建て前などについて伺いました。中国と日本は似ているようで似ていない、似ていないけれど似ている部分があって、その違いをおもしろいと感じますが、だからこそ誤解しやすい部分や、お互いのことをよく知っているんだ、と思い込んでしまう面もあるかと思います。加藤先生の授業「東アジア芸術論」では、中国文化の中で日本に伝わってきたものと、伝わらなかったものがあるというお話でした。たとえば、中国の『三国志』や『西遊記』などは江戸時代に日本に伝わり、今も日本人に絶大な人気を誇っているのに、中には日本人のメンタリティに合わず、あまり受け入れられなかった物語もあるということで、「へぇ~」と思いました。

加藤:そうですね。中国の「四大小説名著」である『三国志』、『水滸伝』、『西遊記』、『紅楼夢』の4作品のうち、最初の3つは江戸時代の日本人にすんなりと受け入れられました。日本にありそうでなかったジャンルで、日本に欠落していたコンテンツだったからです。『三国志』はいわば知恵と知恵との戦い、権謀術数の世界で英雄豪傑が多数登場する話。庶民目線の世直しの物語である『水滸伝』や、ゲーム感覚でゴールを目指す『西遊記』のようなお話も日本には存在しませんでしたので、日本人にとても新鮮に受け止められたのです。

そうすると、日本に受け入れられなかった物語というのは……

加藤:『紅楼夢』は、中国では人気がありますが、日本では今もメジャーではないですよね。『紅楼夢』が完成するずっと前から、日本には『源氏物語』など世界的に見ても心理描写が優れた恋愛文学の傑作がたくさんあったので、わざわざ中国から似たようなジャンルの作品を輸入する必要がなかったのです。中国で人気のある古典作品『楊家将演義』も同様です。近年、北方謙三氏の小説『楊家将』で話題になるまで、日本ではほとんど知られていませんでした。

 『楊家将演義』は、北宋の時代、武門の楊一族の男女が代々祖国のために外敵と戦って命を捧げる、という祖国愛と家族愛の物語です。中国では芝居やテレビドラマ、映画にもなっていて、知らない人はいないというほど有名な話です。でも、日本にも『太平記』の楠木正成父子の話などがあったので、わざわざ中国から輸入する必要がなかったのだと思います。

恥ずかしながら、私もほとんどこの作品のことを知らなかったです。なぜあまり日本人社会に受け入れられなかったのでしょう?

中国の戦闘美女は生涯現役なのです

加藤:日本人と中国人の好みは、似ているところもあれば、大きく違うところもあるからです。例えば、『楊家将演義』の後半の主人公、穆桂英(ぼくけいえい)は女性でありながら武器を手に取って闘う、いわゆる「戦闘美女」というキャラクターです。

 日本にも戦闘美女はいます。神話の天照大神(あまてらすおおみかみ)は素戔嗚(すさのお)と対峙するとき甲冑に身を固めました。木曾義仲の妾・巴御前(ともえごぜん)も、アニメの『美少女戦士セーラー・ムーン』も『プリキュア』も戦闘美女です。

 ただ、日本と中国の戦闘美女には、決定的な違いがあります。中国の戦闘美女は生涯現役なのです。『楊家将演義』の後半を見ると、戦闘少女、戦闘主婦、戦闘妊婦、戦闘更年期婦人、戦闘後期高齢者婦人……と、十代の少女から百歳の未亡人まで、武装して戦う女性たちが登場します。女性が臨月の大きなお腹をかばいながら武装して戦う、という作品は、中国では何百年も前から当たり前でしたが、日本では21世紀の今もあまり見かけません。日本の戦闘美女は、戦闘美少女ばかり。そういう日本人のメンタリティや好みに『楊家将演義』は合わなかったのではないかな、と思います。

コメント5件コメント/レビュー

TSUTAYAは、創業者の家がかつて置屋で、その時の屋号、とインタビュー記事で読んだことがあります。江戸時代の蔦屋重三郎のことは、レンタルビデオ屋さんを始めてから、周りの人に勘違いで褒められて初めて知った、とのことでした。(2016/03/09 16:30)

「再来一杯中国茶」のバックナンバー

一覧

「江戸期は空前の中国ブーム、『三国志』が大流行」の著者

中島 恵

中島 恵(なかじま・けい)

ジャーナリスト

1967年、山梨県生まれ。1990年、日刊工業新聞社に入社。退職後、香港中文大学に留学。1996年より、中国、台湾、香港、東南アジアのビジネス事情、社会事情などを執筆している。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

TSUTAYAは、創業者の家がかつて置屋で、その時の屋号、とインタビュー記事で読んだことがあります。江戸時代の蔦屋重三郎のことは、レンタルビデオ屋さんを始めてから、周りの人に勘違いで褒められて初めて知った、とのことでした。(2016/03/09 16:30)

日本ではあまりメジャーになっていない作品には、他にも「花木蘭」「岳飛伝」「封神演義」などがありますが、いずれも本文で「日本で成功した」要素を持つものです。
これらがメジャーになりきれなかった理由についても分析を期待したいです。(2016/03/09 09:00)

江戸時代の日本はさまざまな点で、今の日本よりも優れていたように思えます。(2016/03/09 08:47)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員