• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

健全な日本企業は「袖の下」競争で負けていく

新興国における「非市場戦略」の重要性

2015年11月26日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

入山章栄・早稲田大学ビジネススクール准教授(写真=陶山勉)

 本連載では、一昨年まで米ビジネススクールで教鞭をとっていた筆者が、世界の経営学の知見を紹介していきます。ちなみに筆者は、11月24日に日経BP社から『ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学』という本を刊行しました。日本では通常知り得ない「世界最先端のビジネス知」を、日本企業への示唆を交えて事例も豊富に分かりやすく紹介していますので、ぜひ手に取っていただければと思います。

 今回はそこで書き切れなかった、近年経営学で急速に研究が進んでいるテーマについて紹介します。それは「袖の下」、いわゆる「賄賂」の研究です。賄賂とまでいうと少々言葉がきついかもしれませんが、コンプライアンスやガバナンスが厳しく問われる今こそ、向き合うことが必要な議論ではないでしょうか。

 中でも私が議論したいのは、新興市場でビジネスを進める上での「袖の下」です。日本企業にとって、インドなど南アジア諸国、東南アジア、中国、中東、あるいはアフリカなどの新興市場が今後さらに重要になることは間違いありません。しかし、これら新興市場での「袖の下戦略」において、日本企業は大きなハンディキャップを抱えているのではないか、というのが私の問題意識だからです。

 この点を議論するためにまず紹介したいのが、「制度の隙間」という考え方です。

市場メカニズムが働かない新興市場

 「制度の隙間(Institutional Void)」は、近年の国際経営学研究できわめて重視されています。ラフにいえば、これは「国と国の間の行政制度・法制度・商慣習などの違いに注目すること」です。同じビジネスでも国によって適用される法制度の質や、その制度がどのくらい健全に運用されるかは、大きく異なるからです。

コメント17

「MBAが知らない最先端の経営学」のバックナンバー

一覧

「健全な日本企業は「袖の下」競争で負けていく」の著者

入山 章栄

入山 章栄(いりやま・あきえ)

早稲田大学ビジネススクール准教授

1996年慶応義塾大学経済学部卒業。98年同大学大学院経済学研究科修士課程修了。2008年、米ピッツバーグ大学経営大学院より博士号(Ph.D.)を取得、米ニューヨーク州立大学ビジネススクール助教授を経て現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップの身の丈が組織の限界を作る。

多田 荘一郎 GEヘルスケア・ジャパン社長兼CEO