• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

SMAP生謝罪は決定的な失敗だった

これは新たなSMAPショーの始まりではないか?

2016年1月22日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 連日のSMAP騒動の中、急きょ放送された生放送による番組中の謝罪は、その目的達成という観点から完全な判断ミスであり、決定的な失敗でした。これをきっかけに、この生謝罪の影響は、おそらくジャニーズ事務所や関係者が意図しない方向へと進行するのではないかと見ています。

 今回はこの問題について、いつものように動画を見ながら考えてみたいと思います。

 ネット動画はアイデアの宝庫、それでは今週もいってみましょう。

意味不明な謝罪

 「SMAP解散」という大きな報道で始まった今回の騒動。中身はSMAPが所属するジャニーズ事務所内部のゴタゴタでした。SMAP担当マネジャーの退社をきっかけにSMAPも一緒に事務所を出ていく。ただし、メンバーの一人が残ることになってグループは分裂・解散しそうだ、というのがその中身です。

 そんな状況の中、SMAPメンバー全員が揃ってフジテレビのレギュラー番組で急きょ生放送に切り替えて行なったのが18日の生謝罪でした。

 5人のメンバーが登場し、2分43秒を使ってそれぞれが話す。話し始めたのは中央に立った木村拓哉氏でした。

 「このままの状態だとSMAPが空中分解になりかねない状態だと思いましたので、今日は5人がしっかり顔を揃えて皆さんに報告することが何よりも大切だと思いましたので、ほんとに勝手だったんですが、このような時間を頂きました」

 そんな言葉の後、

  • 申し訳なく思っております (稲垣吾郎氏)
  • 本当に申し訳ございませんでした(香取慎吾氏)
  • 本当に申し訳ございませんでした(中居正広氏)
  • ジャニーさんに謝る機会を木村君が作ってくれて今僕らはここに立ててます(草なぎ剛氏)

 と、一人を除いて疲れ切った表情で謝罪あるいは反省らしき言葉を順に口にします。

 「何があっても、前を見て、ただ前を見て、進みたいと思いますので、皆さんよろしくお願いします」

 そしてこれが木村氏による最後の言葉でした。木村氏だけが、ドラマのセリフのような雰囲気だったのが印象的です。

 これを受けた報道の多くは、SMAP「存続表明」「空中分解回避」「残留」などの見出しが中心で、何となく事態は収束に向かうかのような伝え方をしていますが、私はむしろ逆だと見ています。

 それは、意味のよく分からない謝罪だったからです。

 通常、不祥事や混乱を詫びる場合、まず何が起きたのか事実の認定をした後に、謝罪があり、今後の話をする、というのが一般的な流れです。

 そしてメンバー全員で1つのメッセージを伝えなければ、グループとしてのメッセージがうまく伝わらない。

コメント17件コメント/レビュー

会社では社長や経営陣が社外に向かって会見等を開くことはないだろう。上司が退社するとき,付いていく個人やグループも存在する。しかし,多くの会社では,その上司の代わりが配され,付いて行かなかった社員の上司となるのが普通。今回の騒ぎは,件のグループのファンまたは恩恵がある者が書いた記事のようである。退社するか否かが世間の関心事であるというのであれば,それこそ番組の中ではなく,当事者(グループメンバ)が記者会見でも開けば良い。会社の経営陣には関係の無いことである。なお,個人的にはそろそろ後進に席を譲ったほうが良かろうと思う。(2016/01/29 01:26)

「金曜動画ショー」のバックナンバー

一覧

「SMAP生謝罪は決定的な失敗だった」の著者

鶴野 充茂

鶴野 充茂(つるの・みつしげ)

ビーンスター株式会社 代表取締役

コミュニケーションの専門家として幅広く活躍。リーダーに効果的な伝え方をアドバイスするほか、全国規模のPRプロジェクトに携わる。著書は30万部超のベストセラー「頭のいい説明すぐできるコツ」など二十数冊。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

会社では社長や経営陣が社外に向かって会見等を開くことはないだろう。上司が退社するとき,付いていく個人やグループも存在する。しかし,多くの会社では,その上司の代わりが配され,付いて行かなかった社員の上司となるのが普通。今回の騒ぎは,件のグループのファンまたは恩恵がある者が書いた記事のようである。退社するか否かが世間の関心事であるというのであれば,それこそ番組の中ではなく,当事者(グループメンバ)が記者会見でも開けば良い。会社の経営陣には関係の無いことである。なお,個人的にはそろそろ後進に席を譲ったほうが良かろうと思う。(2016/01/29 01:26)

ひと言で言えば、茶番劇だ。戻るんなら、最初から独立話になどに着いていくべきじゃなかったのだから。

それとも、今の状態は仮の姿で、9月の契約更新時に4人は独立する気なのだろうか?それまでは迷惑かけないために、残った仕事をこなすということだろうか?

9月以降もジャニーズでいたなら、今回の件は茶番劇だったという事に成る。独立したならそうでなかったということになる。どっちかはまだ分からない。(2016/01/27 12:00)

あの謝罪ショーは、メンバー4人の「禊」であった。
ファンのひとも、もう四十過ぎのおじさんたちを解放してあげてはどうか?
解散、あるいは実質解散で、個々に活動すればいいのではないか?
永遠のアイドルなんて、本人たちにとっては、事務所の強制よりも、ファンの強制のほうがひどいと思う。(2016/01/25 08:53)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長