• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

東日本豪雨で露呈、茨城・栃木の災害広報格差

2015年9月18日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 栃木・茨城・宮城に大きな被害を出した先日の東日本豪雨。気象庁が「数十年に一度」の雨量で「最大級の警戒を」と強い調子で呼びかける中で明らかになったのは、自治体によって災害広報に驚くほど格差がある実態でした。

 現実問題として、自治体の広報には基準らしい基準がありません。それは言い換えれば、生活する自治体によって情報発信に差があるということで、その差が大きいということは、災害時においては命の危険度の差にもつながりかねないということです。

 そこで今回は、いつものように動画を見ながら、実際の自治体による災害広報を振り返り、基準がなく対策を持たないことの危うさ、そしてどうすれば、少しでも減災につながる情報発信になるかについて考えてみたいと思います。

 ネット動画はアイデアの宝庫、それでは今週もいってみましょう。

重大な危険が差し迫った異常事態

 まずは感覚を思い起こすためにも、ニュースで報じられた当時の警戒の呼びかけを動画で見ていただきたいと思います。

栃木県に大雨特別警報 気象庁が警戒呼びかけ

 「これまでに経験したことのない大雨で、重大な危険が差し迫った異常事態と言っていい」

 栃木と茨城に特別警報が発令された9月10日の朝、聞きなれない表現が繰り返される気象庁の発表を見ていた私は、コミュニケーションを生業とする者として、この情報がどのように伝達され、活かされていくのかに強い関心を抱き、自治体の情報発信を細かく追うことにしました。

 まず、県・市・知事・市長・地元議員などのツイッターアカウントをリスト化し、フェイスブックと組み合わせて、最新の情報を自動的に入手できるようにしました。

 また、ニュースで被害が出たと報じられた自治体サイトを順にチェックし、被害や周囲の状態、避難の情報を確認していきました。

 そこで明らかになったのは、自治体間における情報発信の格差です。

コメント2

「金曜動画ショー」のバックナンバー

一覧

「東日本豪雨で露呈、茨城・栃木の災害広報格差」の著者

鶴野 充茂

鶴野 充茂(つるの・みつしげ)

ビーンスター株式会社 代表取締役

コミュニケーションの専門家として幅広く活躍。リーダーに効果的な伝え方をアドバイスするほか、全国規模のPRプロジェクトに携わる。著書は30万部超のベストセラー「頭のいい説明すぐできるコツ」など二十数冊。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

社長に就任してずっと言っているのが ファンダメンタルズの強化。

安形 哲夫 ジェイテクト社長