• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

匿名ツイッター暴言バレた部長、海外なら即解雇

2015年11月27日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ツイッターの匿名アカウントを使って暴言を繰り返し、特定の弁護士を罵倒していたのが新潟日報の報道部長であることが判明し、大きな注目を集めています。こうしたネットでの発言や発信は、本人の問題はもちろん、今日では所属組織の管理体制や対応も問われるようになってきており、単なる社員の不祥事では済まされなくなっています。

 そこで今回は、過去に起きた類似の事件を振り返りながら、組織としての対応について考えてみたいと思います。

 ネット動画はアイデアの宝庫、それでは今週もいってみましょう。

管理職によるツイッター暴言

 新潟県にある地方紙「新潟日報社」上越支社の報道部長がツイッターで、新潟県弁護士会の高島章弁護士に対し「うるせーな、ハゲ! はよ弁護士やめろ」「こんな弁護士が新潟水俣病3次訴訟の主力ってほんとかよ」などと暴言を繰り返していたことが発覚しました(詳しくはこちら)。

 この部長が使っていたのは、ハンドルネームで投稿するツイッターの匿名アカウントで、過去にもさまざまな人に罵詈雑言を浴びせていましたが、高島弁護士が新潟水俣病弁護団長であり、発言の中で新潟水俣病訴訟に言及していることなどから、他のユーザーが新潟日報関係者ではないかと指摘、本人が特定され、問題が明らかになりました。

 これを受けて新潟日報社は、11月24日に上司と共に同弁護士のもとに謝罪に訪れたこと、また25日付けで上越支社報道部長の職を解き、経営管理本部付としたことなどを発表しました(こちら)。

 この人物が使っていたアカウントから発せられた過去の発言を見てみると、改めて紹介するのも憚られるようなひどい表現のオンパレードで、おおよそ報道機関の管理職とは考えられないこともあって、大きな注目を集めています。

 ただ、今回注目したいのは、こうした問題に所属組織としてどう対応するかという観点です。

コメント17

「金曜動画ショー」のバックナンバー

一覧

「匿名ツイッター暴言バレた部長、海外なら即解雇」の著者

鶴野 充茂

鶴野 充茂(つるの・みつしげ)

ビーンスター株式会社 代表取締役

コミュニケーションの専門家として幅広く活躍。リーダーに効果的な伝え方をアドバイスするほか、全国規模のPRプロジェクトに携わる。著書は30万部超のベストセラー「頭のいい説明すぐできるコツ」など二十数冊。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員