• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

壇蜜との会話で考えた仕事術と企業戦略

夢を追いかけるホンダ、成長事業を模索するサムスン

2015年8月27日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2010年に「週刊SPA!」でグラビアでデビューし、独自路線を展開する壇蜜さん。その一方で、日本舞踊師範でもあり、英語教師免許や調理師免許をも持つインテリ系であることも、その存在のユニークさを醸し出している。先日はNHKの「あさいち」にも出演していた。今や芸能界の「台風の目」の一角を担っているといっても過言ではあるまい。

 本コラムを、このイントロから始めたのにはワケがある。お盆の最中の8月15日、壇蜜さんに直接会って2時間以上、話を交わしたからである。

 壇蜜さんの母は、筆者と同じ中学に通い、しかも吹奏楽部の2年後輩だから同じ釜の飯を食べた同志。母上の妹、すなわち壇蜜さんの叔母さんは中学生の時に筆者が家庭教師を務めた。壇蜜さんの伯父さんは筆者の中学、高校時代の同期。そういうつながりで、壇蜜さんのおばあちゃん邸(秋田県横手市十文字町)には、学生時代に頻繁に出入りしていた。

 墓参りで十文字町に帰省していた筆者は、友人にお願いして我々が活動している“YOKOTE HEROES”(東京が拠店)なるジャズバンドの地元メンバーとの交流を図るべく、8月14日に懇親会を開催していた。

 ところが、偶然にも同じお店で、しかも1部屋隔てたところで壇蜜さんの家族・親族御一行様が宴席を設けていたのだ。筆者が化粧室から部屋に戻る際、この御一行様の帰宅とタイミングが重なった。しかし、その中に壇蜜さんがいたとは知るすべがなく、御一行が帰ってから知ることに。信仰深い本人が墓参りとトークショーの公演を兼ねて帰省していたということだ。

 そういうわけで、翌15日には壇蜜さんの母の実家に友人と訪問した。そこには紛れもなく壇蜜さん本人がいたので、「初めまして」と挨拶したら「初めましてではありません」と却下された。というのも、御幼少の頃から母の帰省に付いてきて、そんな折に何度か会っていたというのだ。しかし筆者には記憶がなく、「初めまして」の挨拶となるわけである。

 周りから見れば、芸能界の活動を順調にこなしているように見える壇蜜さん。そんな中での、プロとしての考え方や不安など、マスコミを通じては伝わってこない影の部分を聞くこともできた。彼女のプロとしての哲学の片りんを伺い知ることができ、企業人として参考になったと言える。もっとも筆者には、彼女の不安などは自ら昇華して楽しんでいるようにも見えるのである。

 テレビやラジオ出演、出版、雑誌記事、そしてブログ執筆などにも精力的である。寸暇を惜しんで、スマホを活用しながら、どこでも臨機応変に原稿をおこしていると聴き、なるほどと共感する部分があった。

 筆者は壇蜜さんに以下のように伝えた。「2013年から、日経ビジネスオンラインのコラムを依頼され、執筆し始め3年目となっている。その途中で、ここにある書籍も出版できた。本日お会いして話をした中で、企業戦略と共通するような部分が見えたので、コラムに執筆しようと思う」と。

 すると壇蜜さんは、「私もどこかのメディアのインタビューで佐藤さんのことを採り上げたことがあった」と。こんなやりとりも、当日あったのである。

 いずれにしても独自路線を開拓し、それを発展させる思いと行動、その裏にある粘り強さやぶれない軸は、企業戦略とも一面では相通じるところがあることを実感した。今回はややこじつけでもあるが、独自路線の開拓を新事業と置き換えて、ホンダ、サムスン時代に経験したことを振り返ってみたい。

やりたいことをやるホンダ

 企業が新事業を模索し着手する場合、大きくは2通りのケースがある。1つは、企業の夢を実現するために着手するケース。もう1つは、社会を見渡したうえで成長する事業を予測し、焦点を当てて参入するケースである。

 前者のケースを重視する典型的企業がホンダであろう。ホンダの創業者である本田宗一郎(1906~1991)氏は、二輪事業を立ち上げてから四輪事業へ進出したが、これが正に代表的な事例だろう。宗一郎氏が自らの思いで四輪事業を手掛けようとした際、政府からの強い反対意見が出たが、それを押しのけて情熱をもって推進した。

コメント1

「技術経営――日本の強み・韓国の強み」のバックナンバー

一覧

「壇蜜との会話で考えた仕事術と企業戦略」の著者

佐藤 登

佐藤 登(さとう・のぼる)

名古屋大学客員教授

1978年、本田技研工業に入社、車体の腐食防食技術の開発に従事。90年に本田技術研究所の基礎研究部門へ異動、電気自動車用の電池開発部門を築く。2004年、サムスンSDI常務に就任。2013年から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック