• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

本物の「バズーカ」はそれほど強力なのか?

2016年2月2日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

(写真:Underwood Archives/Getty Images)

 2013年4月の「量的・質的金融緩和」導入時から日銀が狙ってきた家計や企業の予想物価上昇率のジャンプアップは、いっこうに実現する気配がない。最近は逆に、原油価格がさらに下落する中で、予想物価上昇率は低下してきている。

 苦しくなった日銀は1月28~29日に開催した金融政策決定会合で、金融政策の枠組みに修正を加え、「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」を導入した。マーケット環境の変化(原油安や円高・株安)が企業のマインドや物価観に悪影響を及ぼすのを回避すべく、黒田東彦総裁がトップダウンで決断したサプライズ緩和である(1月29日配信「ニュースを斬る 『いかにも実験的で危ういマイナス金利』」ご参照)。

 そうした中、筆者が以前から違和感をどうしてもぬぐえない言い回しが「黒田バズーカ」である。日銀が2013年4月に大規模で実験的な「量的・質的金融緩和」を導入した際に、米国でしばしば用いられてきた金融政策の強力な武器を意味する言い回しを、海外のメディアや市場参加者が借用してそのように形容したのが始まりのようで、日本でも広がった。2014年10月の追加緩和は「黒田バズーカ2」とも呼ばれている。

 だが、「バズーカ」とはどのような兵器で、どの程度まで強力なものなのかを本当に知っていて「黒田バズーカ」と言っている市場関係者やマスコミの記者は、ほとんどいないのではないか。

ミリタリー通にとっては…

 筆者は第2次世界大戦(特に欧州戦線)の戦史に昔から興味があって数多くの本を読み、映画を観たり、現地の博物館などを訪れたりしている。そうしたミリタリー関連の知識がある人の場合、米軍の歩兵部隊がドイツ軍の戦車や装甲車両などを破壊するために用いた、肩に担ぐ煙突のような太いパイプ型をしたロケット弾発射器である「バズーカ(bazooka)」に、「これは格段に強力な兵器だ」というようなイメージはあまりない。

 機関銃やライフルが主装備の歩兵部隊が敵の戦車やトーチカなどに遭遇したものの、味方の戦車や対戦車砲などによる援護がなく、航空支援もすぐに得られない時に、その場を切り抜けるために用いられたことが多かったのである。

 むろん、バズーカが画期的な兵器だったことは確かであり、これを入手したドイツ軍は「パンツァーシュレック」という同様の兵器を開発して実戦で用いた。だが結局のところいずれも、歩兵部隊が困った時の「急場しのぎ」の兵器だと言っても過言ではあるまい。

コメント16件コメント/レビュー

いやもう、『マスコミが』喩えに使っている兵器の仕様や詳細なんか本当にどうでもいいですから…。(2016/02/05 10:22)

「上野泰也のエコノミック・ソナー」のバックナンバー

一覧

「本物の「バズーカ」はそれほど強力なのか?」の著者

上野 泰也

上野 泰也(うえの・やすなり)

みずほ証券チーフMエコノミスト

会計検査院、富士銀行(現みずほ銀行)、富士証券を経て、2000年10月からみずほ証券チーフマーケットエコノミスト。迅速で的確な経済・マーケットの分析・予測で、市場のプロから高い評価を得ている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

いやもう、『マスコミが』喩えに使っている兵器の仕様や詳細なんか本当にどうでもいいですから…。(2016/02/05 10:22)

なるほどねぇ,「バズーカ」というのは「窮余の策」という意味だったんですね。(2016/02/04 15:34)

黒田総裁や安倍首相が「バズーカ打ちます」と言ったならともかく、マスコミが勝手にバズーカと名付けたのを腐してそれを日銀への批判にするとか、もう、なにをか言わんや。(2016/02/04 14:16)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長