• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

金正恩委員長の「巧みすぎる外交術」

「朝鮮半島非核化」は理想論にすぎない

2018年4月17日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 だが、米国と北朝鮮の直接対話の決着点はまだ見通しにくく、過度の楽観は禁物である。米国では対北朝鮮政策で2つの考え方があるわけだが<図2>、キッシンジャー元国務長官が唱えており日米欧や中ロが支持している「朝鮮半島非核化」論(=北朝鮮の核兵器完全放棄)は、結局のところ理想論にすぎず、体制保証・経済制裁解除・経済支援の獲得と「同時並行的」で「段階的」な放棄というコンセプトを盾にした北朝鮮との長期にわたる駆け引きの末、限定的な規模で北朝鮮の核兵器保有を容認せざるを得なくなるのではないかと予想している。スーザン・ライス元大統領補佐官(国家安全保障担当)が唱えている、米ソ冷戦期に類似した、相互のけん制・均衡による核戦争抑止という現実論である。

■図2:「北朝鮮の核保有を容認するかどうか」を巡る意見対立の構図
「朝鮮半島非核化論」北朝鮮の核兵器保有を事実上認める現実的アプローチ
キッシンジャー元国務長官スーザン・ライス元大統領補佐官(国家安全保障担当)
~ 北朝鮮を核保有国として認めてしまうと「日本や韓国、ベトナムなどの核武装を引き起こす」恐れがある(「核ドミノ論」)。核拡散防止条約(NPT)が形骸化し、核を巡る国際秩序が崩壊する。北朝鮮が外貨獲得のため第三国に核技術を売却してしまう懸念も。~ 北朝鮮の核保有を容認しつつ、米ソ冷戦時代にそうだったように「米国およびその同盟国に対する核兵器使用は北朝鮮の崩壊につながると明確にしておくことにより、伝統的な抑止力をあてにすることができる」と主張。
支持する国 ・・・ 米国、日本、韓国、中国、ロシア(なし)
(出所)筆者作成

 朝日新聞は4月1日付「GLOBE」で、北朝鮮を特集した。その中に、北朝鮮国内で取材を続けるフリーのジャーナリスト集団「アジアプレス」の協力により3月中旬に北朝鮮の女性に電話でインタビューしたという、興味深い内容が含まれていた。金正恩委員長が政治体制維持に向けた事実上の「命綱」である核兵器をそう簡単に手放すとは筆者には思えず、「朝鮮半島の非核化」は理想論でしかないとみているのだが、そうした見解を裏付けるのが、下に引用する部分である。

「核が必要なのは、子供でも知っている」

 「市場(いちば)で働いています。いろんな噂が入ってきますが、南北会談は知りません。核は我々にとって絶対に必要だ、なくしてはいけない最も威力のある武器というのは子供でも知っている。非核化を言っているなら、ウソをついているんでしょう。絶対になくさないと思う。金正恩にとって命と同じものですから。ただ、放棄したら我々庶民にとってはいいことですよ。制裁が緩まるでしょうし」。

コメント3件コメント/レビュー

アメリカ・ファーストと言いつつ、本当は「自分ファースト」である米大統領は、半島の非核化よりも秋の中間選挙を最優先にするだろう。

彼ならば、中間選挙で勝利するためなら、一国を消滅させても平気だろう。

したがって「オバマ的妥協」はもっとも避けるとみている。
したがってトランプは、キタの完全核廃棄達成か、または米朝談判破裂を大義名分とした、
全面攻撃しか選ばないのではないだろうか。(2018/04/24 09:22)

オススメ情報

「上野泰也のエコノミック・ソナー」のバックナンバー

一覧

「金正恩委員長の「巧みすぎる外交術」」の著者

上野 泰也

上野 泰也(うえの・やすなり)

みずほ証券チーフMエコノミスト

会計検査院、富士銀行(現みずほ銀行)、富士証券を経て、2000年10月からみずほ証券チーフマーケットエコノミスト。迅速で的確な経済・マーケットの分析・予測で、市場のプロから高い評価を得ている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

アメリカ・ファーストと言いつつ、本当は「自分ファースト」である米大統領は、半島の非核化よりも秋の中間選挙を最優先にするだろう。

彼ならば、中間選挙で勝利するためなら、一国を消滅させても平気だろう。

したがって「オバマ的妥協」はもっとも避けるとみている。
したがってトランプは、キタの完全核廃棄達成か、または米朝談判破裂を大義名分とした、
全面攻撃しか選ばないのではないだろうか。(2018/04/24 09:22)

米政府は非核化が確認できるまで制裁は続けると今までの失敗を踏まえた声明を出しているし、
中露が反対しようが、シリアに多くのミサイルを撃ち込み化学兵器関連施設を破壊してます。
これを北朝鮮は決して楽観的には感じないと考えます。
申し訳ないですが、この記事は北朝鮮を過大評価し過ぎだと思います。
単に後ろ盾が無いまま米朝会談に臨むわけにはいかないと、
泥縄での対応が先の中朝会談でしかないと思います。
この前に総書記が兄暗殺を行っていることを失念されてますか?とも思います。(2018/04/17 12:00)

段階的非核化論で世界は北朝鮮に何回も騙されています。
筆者は今回も騙されろと言っているのと同じです。
これでは駄目です。(2018/04/17 02:05)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

マネジメント層こそ無人化されるべきだ。

野口 悠紀雄 早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター顧問