• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

読者の皆様からのフィードバック

上野泰也のエコノミック・ソナー 金正恩委員長の「巧みすぎる外交術」

レビュー

とても参考になった
 

10%

まあ参考になった
 

27%

参考にならなかった
 

62%

ぜひ読むべき
 

13%

読んだほうがよい
 

13%

どちらでもよい
 

72%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。

アメリカ・ファーストと言いつつ、本当は「自分ファースト」である米大統領は、半島の非核化よりも秋の中間選挙を最優先にするだろう。

彼ならば、中間選挙で勝利するためなら、一国を消滅させても平気だろう。

したがって「オバマ的妥協」はもっとも避けるとみている。
したがってトランプは、キタの完全核廃棄達成か、または米朝談判破裂を大義名分とした、
全面攻撃しか選ばないのではないだろうか。(2018/04/24 09:22)

米政府は非核化が確認できるまで制裁は続けると今までの失敗を踏まえた声明を出しているし、
中露が反対しようが、シリアに多くのミサイルを撃ち込み化学兵器関連施設を破壊してます。
これを北朝鮮は決して楽観的には感じないと考えます。
申し訳ないですが、この記事は北朝鮮を過大評価し過ぎだと思います。
単に後ろ盾が無いまま米朝会談に臨むわけにはいかないと、
泥縄での対応が先の中朝会談でしかないと思います。
この前に総書記が兄暗殺を行っていることを失念されてますか?とも思います。(2018/04/17 12:00)

段階的非核化論で世界は北朝鮮に何回も騙されています。
筆者は今回も騙されろと言っているのと同じです。
これでは駄目です。(2018/04/17 02:05)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

今、当たり前と思っている社会の仕組みが、ずっと続くという保証はありません。

横倉 義武 日本医師会会長