• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

英国のEU離脱は、「赤」が理性を狂わせたから?

医学的側面からも考察、英国民投票の意味あい

2016年7月5日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

■赤の「離脱派(VOTE LEAVE)」と、青の「残留派(VOTE REMAIN)」
5月末、街頭で演説する、ボリス・ジョンソン前ロンドン市長。離脱派の「顔」だったジョンソン氏を、赤がイメージカラーの「離脱派(VOTE LEAVE)」の市民と、青がイメージカラーの「残留派(VOTE REMAIN)」の市民が取り囲んでいる。(写真:Press Association/アフロ)

英国EU離脱で、為替相場も株式市場も大荒れ

 英国で6月23日に行われた、EU(欧州連合)に残留するか離脱するかをたずねた国民投票は、筆者を含む市場参加者の大方の予想に反し、離脱派の勝利に終わった。翌24日に開票が進む過程で離脱派の勝利が見えたため、市場は「リスクオフ」に急傾斜し、英ポンドが急落。ドル/円相場は一時99円台になり、日経平均株価は1万5000円を割り込んだ。

 英政府によるEUへの脱退通告から最低2年間は交渉期間が設けられるため、欧州の経済秩序がどのような形に変わるのかはまだわからない。英国民が翻意して離脱しない可能性もある。だが、このまま離脱すれば学校の教科書におそらく載せられるに違いない大きなイベントである英国のEU離脱は歴史の文脈で、および短期的にどのような意味あいを有するかをここで考えておくことに損はあるまい。筆者は以下の4点に整理している。

「結婚生活」は続けた方が楽だが、感情的な部分が…

(1)「欧州統合」の流れが岐路にさしかかった

 1967年発足の欧州共同体(EC)に英国が加盟したのは1973年。1993年には欧州連合(EU)に衣替えした。1999年の欧州通貨統合に英国は不参加。40年以上にわたるこの「やや特殊な結婚生活」に終止符を打つことを英国が選択し、EUから離脱する国が初めて出ることは、欧州の融和・統合の流れが非常に大きな岐路にさしかかったことを意味している。

 トゥスクEU大統領は6月24日、EU首脳会議の案内状に「離婚の手続きについて協議する」と記した。ユンケル欧州委員長は同日、「EUと英国は円満な離婚ではないが、親密な恋愛関係でもなかった」と述べた。

 経済的損得やいろいろな面倒を考えると結婚生活を続けた方がおそらく楽だが、感情的な部分(移民への反感、ブリュッセルのEU官僚による煩雑な規制やドイツへの不満)が、離婚を決断させた。今回の一件は、迷った末の「熟年離婚」に似ている面が、かなり多い。

 加盟各国で勢力を増している反EU政党を勢いづかせないため、EUは英国に対し非常に厳しい交渉態度をとるという見方もある。だが、筆者はそうは考えていない。早期の交渉入りをEU側が求めていることがその1つの証しである。英国との「完全な離婚」はEUにとっても経済的なダメージが大きい。

コメント11

「上野泰也のエコノミック・ソナー」のバックナンバー

一覧

「英国のEU離脱は、「赤」が理性を狂わせたから?」の著者

上野 泰也

上野 泰也(うえの・やすなり)

みずほ証券チーフMエコノミスト

会計検査院、富士銀行(現みずほ銀行)、富士証券を経て、2000年10月からみずほ証券チーフマーケットエコノミスト。迅速で的確な経済・マーケットの分析・予測で、市場のプロから高い評価を得ている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もっと事業を効率化して、料金を下げて、消費者に貢献しないと業界はだめになってしまう。

和田 眞治 日本瓦斯(ニチガス)社長