• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日米で「中央銀行トップ再任説」に強い逆風

安倍首相側近は「人心一新」に言及

2017年7月18日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

今後、安倍政権の支持率が回復しなければ、日銀の黒田東彦総裁が任期満了時(来春)に交代する可能性は高まるかもしれない。(写真:都築雅人)

日銀総裁候補の声もあった森信親氏は金融庁長官を続投

 日本時間7月4日朝に飛び込んできた2つのニュースは、来年前半に任期が満了する日米の中央銀行トップは再任されるのかという市場のテーマに関し、2人とも再任されるだろうと予想している筆者を含む市場の多数派に対して、突然の強い逆風になった。

 菅義偉官房長官は6月7日の衆院内閣委員会で、黒田総裁の後任は「安倍政権が考えているデフレ脱却に理解のある方だ」「幅広く人選を行った上で、所管する閣僚と相談する。最終的には安倍晋三首相が判断する」と答弁。その後の記者会見で黒田総裁について「就任以来、デフレ脱却に向け強い決意で取り組んでいる」とした。

 その後、日銀総裁候補の1人と言われてきた森信親金融庁長官が続投して3年目に入ると報じられた。

安倍首相の経済ブレーンの発言

 さらに、6月28日には河合正弘東京大学特任教授(黒田総裁が財務官だった時代に副財務官を務めていた)のインタビューを、米通信社ブルームバーグが配信。黒田氏は「非常に肉体的にはまだタフ」で、「(再任の可能性は)十分ありうる」といった発言が伝わった。

 ところが7月に入ると、同じブルームバーグが2日連続で黒田総裁の再任説に否定的な記事を配信した。

 7月3日の記事では、安倍首相と長年にわたりパイプを持っている元日銀審議委員の中原伸之氏が、「長くやっていると惰性に陥り斬新なアイデアが湧きにくくなる」「(黒田総裁には)お辞めいただいた方が良い」とコメント。政府と日銀の間で新たなアコード(政策協定)を結ぶ際にはマネタリーベースと物価目標の関係を「ゼロから見直した方が良い」と述べた。また、ETF(上場投資信託)買い入れについては「2%物価目標達成のために、なぜETF購入が必要なのか分からない」と批判し、日銀がこの政策から撤退するための「秘策」にも言及した。

コメント4件コメント/レビュー

黒田さん再任より、本田参与のほうがいいな。(2017/07/18 13:32)

「上野泰也のエコノミック・ソナー」のバックナンバー

一覧

「日米で「中央銀行トップ再任説」に強い逆風」の著者

上野 泰也

上野 泰也(うえの・やすなり)

みずほ証券チーフMエコノミスト

会計検査院、富士銀行(現みずほ銀行)、富士証券を経て、2000年10月からみずほ証券チーフマーケットエコノミスト。迅速で的確な経済・マーケットの分析・予測で、市場のプロから高い評価を得ている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

黒田さん再任より、本田参与のほうがいいな。(2017/07/18 13:32)

今回は確定的な話が何もなく「らしい」という与太話の連続でした。
その中で、伊藤隆敏氏(財務省出身で緊縮財政・増税派であり、現在の日本の状況から考えると到底相応しいとは思えない人物)に日銀総裁なって欲しいという気持ちが抑えきれないようですね。
もし彼が日銀総裁になれば、2年後の株価などは悲惨なことになると思いますので、先売りなどで(個人的には)儲けることはできるでしょうが・・・日本経済としては好ましくない状況に陥ることは間違いないので複雑な気分です。
マトモな人が日銀総裁となって政府・日銀・民間が三位一体となって現在の困難な状況を打破してほしいと思いますが、抵抗勢力は非常に強いのでしょうね。
安倍首相が支持率低下を受けて、当初のアベノミクスに立ち返ってマトモな政策に舵を切ってくれることを祈るのみです。
アメリカに関してはあまり知見がないため何とも申し上げられません。
とりあえず、あまり役には立たなかったというコメントを残しておきます【あん肝】(2017/07/18 10:52)

ん? 
黒田総裁が再選されるかは本人が続投してくれるかどうかではないのでしょうか?
今の経済回復に於いての最大の功労者が国債買い入れやマイナス金利を実施した日銀 黒田総裁であり、逆に戦犯はアベノミクス時に消費税増税と財政出動を容認しなかった財務省だと私は思います。黒田総裁は景気刺激策に非協力的な官僚や族議員に嫌気が差し 手を引きたいと考えており周囲がどうこう言う次元では無いのではないでしょうか?
銀行関係者はマイナス金利を導入した黒田総裁に恨みがあるようですが、銀行の業務は市中への貸し出しや証券債券で儲けるべきだと思っており、日銀に豚積みされた当座預金の金利を当てにするようなら専門家を名乗ってはいけないと思います。
一市民の注目は前白川総裁のような貧乏神が総裁にならないのを祈るのみです。(2017/07/18 10:08)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長