• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

総括的検証実施へ、それでも日銀は変わらない?

「エンドレス」の異次元緩和策の行方は

2016年8月9日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日銀は7月末に開催した金融政策決定会合で追加緩和を決定した。2%の物価安定目標達成のメドが立たない中、日銀が限られた追加緩和カードを切るという構図が継続された。9月の次回会合で行われることになった「総括的な検証」によって、日銀の金融政策は変化するだろうか?
7月29日、追加緩和決定後に記者会見する日銀の黒田総裁。黒田総裁は、9月の金融政策決定会合でこれまでの金融緩和政策を総括的に検証すると発言したが…(写真:ロイター/アフロ)

 日銀は7月28、29日に開催した金融政策決定会合で、追加緩和を決定した。

 今回追加緩和を行った理由について、日銀は対外公表文で、「英国のEU(欧州連合)離脱問題や新興国経済の減速を背景に、海外経済の不透明感が高まり、国際金融市場では不安定な動きが続いている。こうした不確実性が企業や家計のコンフィデンスの悪化につながることを防止するとともに、わが国企業および金融機関の外貨資金調達環境の安定に万全を期し、前向きな経済活動をサポートする観点から」だとアナウンスした。

 追加緩和策の内容は、以下のものである。

(1)ETF(上場投資信託)買入れ額の増額(保有残高の増加ペースを現行の年間約3.3兆円から約6兆円にほぼ倍増)

(2)企業・金融機関の外貨資金調達環境の安定のための措置

 ①成長支援資金供給・米ドル特則の拡大(総枠を現行の120億ドルから240億ドルに倍増)

 ②米ドル資金供給オペの担保となる国債の貸付け制度の新設

「2%達成」のさらなる先送りに布石

 決定内容に関する対外公表文と同時に、最新の「経済・物価情勢の展望」(展望レポート)の基本的見解が公表された。4月の前回レポートで「2017年度中」に先送りされた「物価安定の目標」2%達成時期は、今回は変更されなかったが、その不確実性が強調された。日銀がこの見通しに自信を持てなくなってきたということであり、さらなる先送りに布石を打ったと言える。

 対外公表文はさらに、政府の経済対策策定方針に言及した上で、今回の追加緩和を含めた日銀の対応によって「きわめて緩和的な金融環境を整えていくことは、こうした政府の取り組みと相乗的な効果を発揮するものと考えている」とした。政府との協調姿勢をアピールした形である。

 ただし、日銀による恒久的な財政ファイナンスである「ヘリコプターマネー」に事実上動いているという見方が市場の内外で強まるのを避けたかったためか、今回の追加緩和メニューには長期国債買い入れ額の上積みは含まれなかった。

コメント1

「上野泰也のエコノミック・ソナー」のバックナンバー

一覧

「総括的検証実施へ、それでも日銀は変わらない?」の著者

上野 泰也

上野 泰也(うえの・やすなり)

みずほ証券チーフMエコノミスト

会計検査院、富士銀行(現みずほ銀行)、富士証券を経て、2000年10月からみずほ証券チーフマーケットエコノミスト。迅速で的確な経済・マーケットの分析・予測で、市場のプロから高い評価を得ている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員