• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

北朝鮮の核実験に、市場は反応薄だったけれど

「北朝鮮マター」を整理する

2016年9月20日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 9月9日、北朝鮮が5回目の核実験を行った。弾道ミサイルに搭載することができるよう、核弾頭を小型化する技術を着実に向上させつつある模様である。これまでの予想をはるかに超えるペースで、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は核兵器の保有と運搬手段の実戦配備に突き進んでいる。

 もう24年も前のことだが「ベールに包まれた国」北朝鮮にチャーター便を用いた観光ツアーで実際に行ったことがあり、関連情報を日頃からウォッチしている筆者としても、これまでにも増して大きな危機感を抱かざるを得ない。

 しかも、そうした動きに歯止めをかけようとする国連安保理の制裁決議やそれに基づいた各国による経済制裁の効果は期待薄である。

 韓国の与党内では米国の「核の傘」が将来は不安定化する恐れありとしつつ、自国で核兵器や原潜を保有すべしという声が徐々に高まっている。極東の軍事・政治情勢がこの先大きく変わってくる可能性があり、日本人にとっても決して他人事ではない。

核武装を着々と進め、その力を誇示する北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長。9月9日には5回目の核実験の情報が東京市場などに伝わったが、おおむね冷静に受け止められた。(写真:KCNA/新華社/アフロ)

マーケットは全く材料としなかった

 スクリーン上にニュース速報が流れた8月24日早朝、マーケットは全く材料としなかったが、これは重大な意味があると筆者が考えたのが、北朝鮮による日本海でのSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)発射実験である。北朝鮮の朝鮮中央通信は翌25日、金正恩朝鮮労働党委員長が視察に訪れたSLBMの試射は成功したと報じた。

 弾道ミサイルは北朝鮮東部の新浦(シンポ)沖から午前5時29分頃に発射され、約500キロ飛行して、日本海の日本の防空識別圏(ADIZ)内に落下した。北朝鮮は昨年5月にSLBMの水中発射実験に成功したと発表し、今年4月23日と7月9日にもSLBMを発射したが、飛行距離は数キロ~30キロにとどまっていた。

 北朝鮮は日本の領海や領土への落下を避けるために飛行距離を意図的に短くしようと、通常高度の300~400キロより高く打ち上げる軌道を採った模様。通常の軌道をとっていれば飛行距離は約1千キロで、十分な燃料を搭載すれば2千キロ~数千キロも可能だという軍事専門家の見方が報じられた。

実際に潜水艦から発射された

 また、過去のSLBMの発射実験は、潜水艦ではなく、おそらく水中に沈められたはしけから発射され、デジタル技術で修正した写真を北朝鮮は公表したと専門家はみているが、今回は実際に潜水艦から発射されたと、韓国は声明で認めた(ニューヨークタイムズ)。

 北朝鮮が仮に核兵器を持つようになっても米国などにとって安全保障上の大きな脅威にはならないという見方は、長距離運搬手段が脆弱であるため実戦配備してもほとんど使い物にならないという点を論拠の1つにしてきた。だが、仮に北朝鮮がそれなりの性能を有する潜水艦を保有してSLBMを実戦配備すると、北朝鮮の脅威は一段階アップする。

コメント2

「上野泰也のエコノミック・ソナー」のバックナンバー

一覧

「北朝鮮の核実験に、市場は反応薄だったけれど」の著者

上野 泰也

上野 泰也(うえの・やすなり)

みずほ証券チーフMエコノミスト

会計検査院、富士銀行(現みずほ銀行)、富士証券を経て、2000年10月からみずほ証券チーフマーケットエコノミスト。迅速で的確な経済・マーケットの分析・予測で、市場のプロから高い評価を得ている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員