• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「将来を楽観しがちな若者」は頼りになるのか?

“アニマルスピリット”の減退傾向強まる

2016年10月4日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

現状の生活に肯定的で、大きな夢や欲求を持たない、消極的な若者が増える傾向にある。

今後の生活は「同じようなもの」と予想する人が6割

 内閣府大臣官房政府広報室は8月27日、2016年度の「国民生活に関する世論調査」(調査期間:6月23日~7月10日)を公表した(調査対象を20歳以上から18歳以上に今回から拡充)。筆者が最も興味を抱いたのは、「今後の生活について」の回答分布である。

 「お宅の生活は、これから先、どうなっていくと思いますか。この中から1つお答えください」という設問に対して3つの選択肢が用意され、回答の分布は「良くなっていく」(8.7%)、「同じようなもの」(62.9%)、「悪くなっていく」(25.8%)になった。

 「リーマンショック」があった2008年に「悪くなっていく」が36.9%に増加して「同じようなもの」が減少するなど、発生したイベントや経済動向に応じた振れはつきまとうが、今世紀に入ってからの状況を大まかに言うと、「同じようなもの」と考える現状維持派が6割前後、「良くなっていく」と考える楽観派が1割弱、「悪くなっていく」と考える悲観派が3割弱である<図1>。

■図1:国民生活に関する世論調査 今後の生活の見通し
注:1974~1976年は年に2回調査があったうち実施時期が遅い方の結果を表示。1998年と2000年は調査なし。(出所)内閣府

 現状維持派は常に最大多数だが、1960年代終盤から1970年代には4割台の年が多かった。そして、1973年に第1次オイルショックが発生するまでは楽観派が3割台で、悲観派より多かった。日本経済が高度成長期にあり、まだ「元気」だった頃である。

 楽観派は、その後しばらく2割前後で推移したが、平成バブル崩壊・不良債権問題で1990年代は低下を続け、結局、1割弱に落ち着きどころを見出した。

コメント12

「上野泰也のエコノミック・ソナー」のバックナンバー

一覧

「「将来を楽観しがちな若者」は頼りになるのか?」の著者

上野 泰也

上野 泰也(うえの・やすなり)

みずほ証券チーフMエコノミスト

会計検査院、富士銀行(現みずほ銀行)、富士証券を経て、2000年10月からみずほ証券チーフマーケットエコノミスト。迅速で的確な経済・マーケットの分析・予測で、市場のプロから高い評価を得ている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック