• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

安倍首相の国会演説で「デフレ」1回だけ

政府に“物申さない”日銀と一緒に「長期戦」へシフト?

2016年10月18日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

安倍晋三首相は9月26日に召集された臨時国会で所信表明演説を行った。長期政権への意欲をにじませ、「未来」を力説した。(写真:ロイター/アフロ)

所信表明演説では「未来」を18回連呼したが…

 9月26日に第192臨時国会が召集され、安倍晋三首相が同日午後に所信表明演説を行った。8月2日に決定した「未来への投資を実現する経済対策」の内容が経済政策分野で首相が発するメッセージの軸になり、キーワードの「未来」は、なんと18回も使われた。

 その一方で、「デフレ」という言葉が今回の演説に1回だけしか登場しなかったことに筆者は興味を抱いた。そこでこの機会に、安倍首相が13年以降に行った所信表明演説および施政方針演説に「デフレ」という単語が何回登場したかを調べてみた(<図表1>)。


■図表1:安倍首相が2013年以降に行った所信表明演説および施政方針演説に登場した「デフレ」という単語の数と、使われた文章
日時 演説の場面 「デフレ」の登場回数 発言内容・文脈
2013.01.28 所信表明演説 3回 デフレと円高の泥沼から抜け出せず、50兆円とも言われる莫大な国民の所得と産業の競争力が失われ、どれだけ真面目に働いても暮らしが良くならない、日本経済の危機。
私が何故、数ある課題のうち経済の再生に最もこだわるのか。それは、長引くデフレや円高が、「頑張る人は報われる」という社会の信頼の基盤を根底から揺るがしていると考えるからです。
これまでの延長線上にある対応では、デフレや円高から抜け出すことはできません。
2013.02.28 施政方針演説 1回 長引くデフレからの早期脱却に加え、エネルギーの安定供給とエネルギーコストの低減に向けて、責任あるエネルギー政策を構築してまいります。
2013.10.15 所信表明演説 2回 日本の隅々にまでこびりついた「デフレ」からの脱却は、いまだ道半ばです。
しかし、日本人は、いつしか自信を失ってしまった。長引くデフレの中で、萎縮してしまいました。
2014.01.24 施政方針演説 2回 日本経済も、三本の矢によって、長く続いたデフレで失われた「自信」を、取り戻しつつあります。
「経済の好循環」なくして、デフレ脱却はありません。
2014.09.29 所信表明演説 1回 引き続き、デフレ脱却を目指し、「経済最優先」で政権運営に当たっていく決意であります。
2015.02.12 施政方針演説 2回 デフレ脱却を確かなものとするため、消費税率10%への引上げを18か月延期し、平成29年4月から実施します。
15年近く続いたデフレ。その最大の問題は、日本人から自信を奪い去ったことではないでしょうか。
2016.01.22 施政方針演説 1回 「より安く」を追い求める、デフレ型の経済成長には、自ずと限界があります。
2016.09.26 所信表明演説 1回 アベノミクスを一層加速し、デフレからの脱出速度を最大限まで引き上げてまいります。
(出所)首相官邸HPより筆者作成

コメント1件コメント/レビュー

成長力強化はともかく、構造改革はそもそもインフレ対策でしょう。
「政府の出番」というのは、あくまで財政出動のことであって、インフレ対策である構造改革や、中身の見えない成長力強化などではないと思うのですが。
最近(というか就任直後以外)の安部首相の言動を見ていると、インフレ対策とデフレ対策を同時に行っているように見受けられます。
要するにアクセルとブレーキを同時に踏んで車が前に進まないと言っている様なものであり、急ブレーキである消費税増税も実施してしまいました。
個人的には彼のブレーンが問題であると考えますが、上野さんはそこに切り込んでみてはいかがでしょうか?
日銀だけでなく、政府の実績の総括も行うべきだと思いますが、一部を除きそれに切り込める言論者や野党、マスコミが存在していないことが日本の不幸ですね。
日銀が政府について言及しない点を批判しただけでも今回は及第点でしょうか(笑)【あん肝】(2016/10/18 14:25)

「上野泰也のエコノミック・ソナー」のバックナンバー

一覧

「安倍首相の国会演説で「デフレ」1回だけ」の著者

上野 泰也

上野 泰也(うえの・やすなり)

みずほ証券チーフMエコノミスト

会計検査院、富士銀行(現みずほ銀行)、富士証券を経て、2000年10月からみずほ証券チーフマーケットエコノミスト。迅速で的確な経済・マーケットの分析・予測で、市場のプロから高い評価を得ている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

成長力強化はともかく、構造改革はそもそもインフレ対策でしょう。
「政府の出番」というのは、あくまで財政出動のことであって、インフレ対策である構造改革や、中身の見えない成長力強化などではないと思うのですが。
最近(というか就任直後以外)の安部首相の言動を見ていると、インフレ対策とデフレ対策を同時に行っているように見受けられます。
要するにアクセルとブレーキを同時に踏んで車が前に進まないと言っている様なものであり、急ブレーキである消費税増税も実施してしまいました。
個人的には彼のブレーンが問題であると考えますが、上野さんはそこに切り込んでみてはいかがでしょうか?
日銀だけでなく、政府の実績の総括も行うべきだと思いますが、一部を除きそれに切り込める言論者や野党、マスコミが存在していないことが日本の不幸ですね。
日銀が政府について言及しない点を批判しただけでも今回は及第点でしょうか(笑)【あん肝】(2016/10/18 14:25)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授