• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

韓国にも北朝鮮にも負けている日本の「女性活用」

女性議員の比率とPISAから見える「女性活躍の土台」

2015年10月20日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

(写真=AP/アフロ)

 列国議会同盟(IPU)の集計によると、2015年9月1日時点の国会(下院、一院制の場合はその議会)議員に占める女性比率で、日本はボツワナとともに9.5%にとどまり、119位となった。OECD(経済協力開発機構)加盟国の中では最下位である。

 近隣諸国の順位を見ておくと、韓国が北朝鮮などとともに89位(16.3%)、中国が58位(23.6%)、ロシアが100位(13.6%)となっている。

 日本以外のG7メンバーでは、米国が76位(19.4%)、カナダが50位(25.3%)、英国が39位(29.4%)、ドイツが21位(36.5%)、フランスが47位(26.2%)、イタリアが34位(31.0%)となっている。米国の2割未満はやや意外だが、ビジネス界での活躍に優秀な人材が取られているからか。その他の国々では、女性が4分の1を超えている。

 トップ3はいずれも途上国で、ルワンダが1位(63.8%)、ボリビアが2位(53.1%)、キューバが3位(48.9%)だ。

 先進国のうちで15位以内に位置している国の顔ぶれを見ると、北欧の国が目立って多い。5位がスウェーデン(43.6%)、10位がフィンランド(41.5%)、11位がアイスランド(41.3%)、13位の2カ国のうち1つがノルウェー(39.6%)である。政治の世界における女性の活躍という点では、北欧は明らかに先進地域である。

極めて出遅れている日本の女性活用

 このIPUの統計からも確認されるように、日本は女性の活用という点では、極めて出遅れている。

 指導的地位に占める女性の割合を2020年までに30%に引き上げるという目標を、安倍内閣は掲げている。10月7日の内閣改造では、新設の1億総活躍担当相(ちなみに首相官邸による英訳は“Minister in charge of Promoting Dynamic Engagement of All Citizens”で、1億という表現は入っていない)に加藤勝信氏が起用され、女性活躍担当相(英訳は“Minister in charge of Women’s Empowerment”)を兼務することになった。

 しかし、指導的地位にふさわしい能力・知識・経験などを有する女性の絶対数が現時点では限られているという見方も多く、政府が掲げた目標の達成は容易なことではないだろう。

コメント14件コメント/レビュー

PISAのデータを基に議論を展開していますが、PISAの各国のデータ件数(対象となった生徒の人数)について触れていないのはデータの扱いとして不適切です。
国によってサンプリング数があまりに違うことが続いているからです。
指摘について、データですからお答えが(オープンで)いただけると幸いです(2015/10/21 11:00)

「上野泰也のエコノミック・ソナー」のバックナンバー

一覧

「韓国にも北朝鮮にも負けている日本の「女性活用」」の著者

上野 泰也

上野 泰也(うえの・やすなり)

みずほ証券チーフMエコノミスト

会計検査院、富士銀行(現みずほ銀行)、富士証券を経て、2000年10月からみずほ証券チーフマーケットエコノミスト。迅速で的確な経済・マーケットの分析・予測で、市場のプロから高い評価を得ている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

PISAのデータを基に議論を展開していますが、PISAの各国のデータ件数(対象となった生徒の人数)について触れていないのはデータの扱いとして不適切です。
国によってサンプリング数があまりに違うことが続いているからです。
指摘について、データですからお答えが(オープンで)いただけると幸いです(2015/10/21 11:00)

コメント欄のほうが余程的確に分析や批評を行っていて笑ってしまいました。
女性議員の割合だけ比較しても無意味ですし、それが社会的効用に貢献しているかどうかは全く別の問題ですね。
私は30代男性ですが、女性というだけで社会的にハンディキャップになっていると肌で感じることはほとんどありません。
むしろ近年は、同じ能力や成果であれば女性のほうが優遇される(その前段の過程に男女差別的な要素があることは否定しません)というのが実情ではないでしょうか。
これも一種の男女差別なので、個人的には好ましいとは思っていないのですが…
学力水準の男女比較も、国家として男女で別の教育課程を設けているのであればともかく、同じ境遇の現代で比較しても個人差も含めてあまり意味のないことだと思われます。
「女性活用」の定義が曖昧なのでどうしようもありませんが、一部の統計だけを持ち出し、「現在の日本では女性が活躍していない」という否定から話を進めるスタイルは、経済の専門家としては如何なものかと思う次第です。(2015/10/21 10:42)

女性活用と考えずに、普通に休眠労働力の有効活用としましょうよ。一億総活躍社会というかね。内容に関係なく最低賃金とか、客がモンスターになり、横暴を許すから、リスク込み、万全をという事になり、他人の力を借りるのは高い事になる。保育園なども何か有ったら親が何かしないといけなくなる。昔の日本的に緩く相互扶助とすれば楽になるはず。子育てが高い事に付くのは義務教育と学校の教育以外が必要になる事が原因。その割りに内実遊ぶ肩書きの為の大学に金を使う。学校の教師による教育で事実上十分とする教育改革で学校教育の効率化で対処すべき。(2015/10/21 01:06)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

テスラのような会社と一緒にできないのなら、パナソニックはイノベーションを起こせないだろう。

津賀 一宏 パナソニック社長